転職ドラフトの口コミ・評判は?メリット・デメリットや登録に向いている方も徹底解説!

「ITやエンジニア関係の業界内で転職をしたい」「具体的な年収を知ったうえで応募したい」と考えている方もいるでしょう。

そのような方には、転職サービス「転職ドラフト」の利用がおすすめです。

転職ドラフトは、ITエンジニアに対して企業が年収付きで競争入札するサイトです

通常であれば内定の段階まで具体的にわからない年収が応募前に提示されることで、その金額を見てから選考へ進むかどうかを選択できます。

とはいえ実際にどのような企業が入札するのか、サービスの利用方法について疑問を抱く方も多いでしょう。

本記事では転職ドラフトのサービス概要と実際に利用した方の口コミや評判、口コミからわかるメリットやデメリットを紹介します。

さらに転職ドラフトの利用に向いている方、向いていない方の特徴のほか、転職ドラフト以外におすすめの転職サイトもあわせて解説します。

転職ドラフトの利用を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

転職ドラフトはどのようなサービス?

まずは、転職ドラフトのサービス概要について紹介します。

会社概要 株式会社リブセンス(Livesence Inc.)
2006年2月8日設立
本社
〒105-7510
東京都港区海岸1-7-1 東京ポートシティ竹芝10階
代表番号: 03-6275-3330
宮崎オフィス
〒880-0812
宮崎県宮崎市高千穂通1-6-38 ニッセイ宮崎ビル6階
参加企業 常時100社以上
対象雇用形態 主に正社員
対象地域 全国

転職ドラフトは、2006年設立の株式会社リブセンスが運営する転職サイトです。

株式会社リブセンスは主にインターネットメディア運営事業を展開しており、東京本社のほかに宮崎オフィスを構えています。

転職ドラフトには常時100社以上の企業が入札に参加しており、転職を希望するユーザーの情報を見てドラフトをおこないます

一般的な転職は転職希望者が企業に応募して面接などを受けて内定をもらいますが、転職ドラフトでは、転職希望者に対して企業が競争入札をおこないます。

企業が年収を提示して転職希望者を指名するため、指名を受ければ高い確率で転職に成功します。

自ら企業を探したり面接に行ったりする労力が必要ないため、より効率的に転職活動が進められるサービスといえるでしょう。

また転職ドラフトでは、現年収非公開制度を設けています。

現在の年収を非公開で入札を受けることで、現年収に合わせた入札が起こりにくくなり、希望条件に沿った選択が可能となります。

さらに転職ドラフトの運営チームが、転職希望者のレジュメに対してレビューやフィードバックをおこないます。

転職希望者の魅力や技術がより企業に伝わりやすいよう、丁寧なサポート体制を敷いている点が特徴です。

転職ドラフトに関する口コミ・評判

続いては、実際に転職ドラフトを利用した方の口コミを紹介します。

今回は、転職ドラフトに関するよい口コミや評判と、よくない口コミや評判に分けて解説します。

転職ドラフトを利用した方のリアルな感想を知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

転職ドラフトのよい口コミ・評判

 

転職ドラフトのよい口コミには「ドラフトの仕組みがよい」「自身が思うより年収が高くなった」という意見が挙げられました。

転職ドラフトは転職希望者に対して年収を提示し競争入札をおこなうため、企業としてもよりよい人材が手に入りやすくなります。

さらに面接や選考時には、なかなか年収の話をしづらいので、入札時点で年収の目安が明確にわかる点も双方にとって大きなメリットといえるでしょう。

内定後のミスマッチを事前に防げるため、内定辞退なども起こりにくくなります。

さらに転職ドラフトを利用して転職に成功した利用者のうち、93.8%が年収を平均126万円上げていると公式サイトに記載されています。

自身のリアルな市場価値がわかり、自身が思う以上に年収がアップする可能性もあるでしょう。

技術や経験に応じて年収も高くなるため、より適切な市場価値を見出せます。

参照元:転職ドラフト|ITエンジニアを年収・仕事内容つきで競争入札

転職ドラフトの悪い口コミ・評判

 

転職ドラフトのよくない口コミや評判には、「レジュメの自由度が高いため難しい」「審査に通過しても指名がもらえるとは限らない」という意見がありました。

転職ドラフトの審査に通過するためには、レジュメを詳細に作成しなければなりません

自身の技術や経験をアピールするチャンスですが、初めての方はどのように書けばよいのか戸惑ってしまうこともあるようです。レジュメに関しては、転職ドラフトの運営チームからレビューやフィードバックをもらえるため、ぜひアドバイスを参考にして記載しましょう。

また、審査に通過したとしても指名がもらえるとは限りません。参加企業とマッチしなかった場合やタイミングによって指名がもらえないケースもあります。

しかし審査に通ればドラフトには何度も参加できるので、諦めずに複数回挑戦して内定をもらえたという方もいます。

たとえ指名をもらえなかったとしても、レビューやフィードバックを通してレジュメの改善を図り、再挑戦してみましょう。

転職ドラフトのメリット・デメリット

続いては、実際の評判や口コミからわかる転職ドラフトのメリット、デメリットについて解説します。

どのようなサービスにも、メリットやデメリットはあります。それぞれのポイントを比較して、利用するかどうかを検討する材料にしてみてください。

転職ドラフトのメリット

まずは、転職ドラフトのメリットについて解説します。

主なメリットは、次のとおりです。

・エンジニアとしての正当な評価が得られる
・ユーザー側は完全無料で利用できる
・レジュメのレビューやフィードバックがもらえる

転職ドラフトでは現年収非公開制度を採用しているため、エンジニアとして正当な評価を得られます。また、ユーザー側は完全無料で利用できるので費用について心配する必要はありません

さらに、レジュメに対して転職ドラフトの運営チームからレビューやフィードバックをもらえるので、次回のドラフトに活かせます。

それぞれのメリットについて、具体的に解説します。

エンジニアとしての正当な評価を得られる

転職ドラフトでは、転職希望者の技術や経験に対して企業側が年収を提示する制度です。その際、企業側に現在の年収を公開する必要はありません

そのため、低い現年収によって本来の技術や経験に対して正当に評価してもらえず、転職後の年収も上がらないというミスマッチを防げます。

実際に転職ドラフトを利用して転職に成功した方の多くは年収がアップしており、リアルな市場価値がわかる点もメリットです。

ユーザー側は完全無料で利用できる

転職希望者として利用するユーザーは、転職ドラフトを完全に無料で利用できます。

レジュメの作成やドラフト指名を受けることはもちろん、レビューやフィードバックを受けることもすべて無料です

転職活動ではなるべくお金をかけたくない方にとって完全無料である点は大きなメリットといえるでしょう。

レジュメのレビューやフィードバックがもらえる

転職ドラフトは、サポート体制も非常に充実しています。

審査を受けるためにはレジュメの作成が必要ですが、転職希望者が作成したレジュメに対して転職ドラフトの運営チームがレビューやフィードバックをおこないます。

実際の技術や経験がより企業側に伝わりやすいよう、運営チームが徹底的にサポートします。

充実したサポート体制も、転職ドラフトの人気が高い理由のひとつでしょう。

転職ドラフトのデメリット

メリットが非常に多い転職ドラフトですが、いくつかデメリットもあります。

主なデメリットは、次のとおりです。

・審査を通過するためにレジュメを詳細に作成する必要がある
・登録後でなければ求人を閲覧できない

転職ドラフトの審査を通過するためには、レジュメを詳細に作成しなければなりません。また、登録完了後でなければ実際の求人を閲覧できない点はデメリットといえるでしょう。

それぞれのデメリットについて、具体的に解説します。

審査を通過するためにレジュメを詳細に作成する必要がある

転職ドラフトには、ドラフトを受けるために審査を通過する必要があります。企業が審査する際には転職希望者が作成したレジュメを参考にします。

したがって、技術や経験がわかるようにレジュメを詳細に作成しなければなりません。

転職希望者が作成したレジュメは実際に企業の採用担当者が目を通すため、入札価格の判断材料になります

より自身の魅力が伝わるよう、わかりやすいレジュメを作成しましょう。

レジュメの作成は大変ですが、運営チームが丁寧にサポートするため心配する必要はありません。

登録後でなければ求人を閲覧できない

多くの転職サービスでは、会員登録しなくても求人を閲覧できます。しかし転職ドラフトの場合、会員登録後でなければ求人を閲覧できない仕組みです。

裏を返せば、会員登録を済ませれば誰でも求人を閲覧できます

転職ドラフトの求人内容に興味がある方は、ぜひ一度会員登録してみましょう。

転職ドラフトの登録に向いている方

続いては、転職ドラフトの登録に向いている方と向いていない方の特徴について解説します。

まずは、転職ドラフトの登録に向いている方の特徴は、主に次の3つが挙げられます。

  • エンジニアとして、ある程度の経験・スキルがある方
  • エンジニアとして年収アップを希望している方
  • エンジニアとしての市場価値を知りたい方

エンジニアとしての経験を積んできた方、経験をもとに年収アップを希望する方は転職ドラフトの利用に向いているといえます

さらに、エンジニアとしての市場価値を知りたい方も転職ドラフトの審査を受ける意味があるでしょう。

それぞれの特徴について、具体的に解説します。

エンジニアとしてある程度の経験・スキルがある方

転職ドラフトでは、転職希望者の技術や経験、スキルをもとに競争入札をおこないます。

そのため、経験やスキルが高ければ高いほど入札を受けやすくなる傾向にあります。

エンジニアとして多くの経験を積んできた方であれば、より転職に成功しやすいでしょう。

スキルや経験に自信があり、市場価値が高いと感じる方はぜひ転職ドラフトの審査を受けてみてください。

エンジニアとして年収アップを希望している方

転職ドラフトを通して転職に成功した方の多くは、年収アップを実現しています。

転職ドラフトは入札時点で年収の目安がわかるため、金額のミスマッチを防ぐことが可能です

複数の入札がある場合はより年収が高い方を選べることもあり、年収アップを実現しやすいシステムになっています。

そのため、転職を通して年収アップを希望する方には非常におすすめのサービスといえるでしょう。

エンジニアとしての市場価値を知りたい方

転職ドラフトを利用すると、エンジニアとしてのリアルな市場価値がわかります。

競争入札の価格を受けて、自身の技術や経験が市場でどの程度の価値があるのか知れる点が大きなメリットです。

そのため、エンジニアとしての自身の市場価値を知りたい方は、ぜひ転職ドラフトを利用してみましょう。

転職ドラフトの登録に向いていない方

続いて、転職ドラフトの登録に向いていない方の特徴は、主に次の2つが挙げられます。

  • エンジニアとしての経験・スキルに自信がない方
  • 地方での就業を考えている方

転職ドラフトではエンジニアとしての経験やスキルが問われるため、自信がない場合は登録に向いていないでしょう。

また、地方での就業を考えている方も、あまりおすすめできません。

それぞれの特徴について、具体的に解説します。

エンジニアとしての経験・スキルに自信がない方

転職ドラフトでは、エンジニアとしての経験やスキルのみで入札や指名を判断されます。

そのため、エンジニアとして経験が浅い方やスキルが低いと感じる方は、審査に通過したとしても指名や入札を受けられる可能性が低いでしょう。

自身の経験が浅いと感じる場合、現在の会社でスキルアップしてから転職ドラフトを利用するとよいでしょう。

地方での就業を考えている方

転職ドラフトの参加企業は、主に首都圏や関東圏で就業するものが中心です。

地方で働ける企業はあまり多くないため、双方の希望にマッチする企業は少ない可能性があります。

そのため地方での就業を考えている方は、他の転職サービスの利用がおすすめです。

転職ドラフトと併用して登録したい転職サービス

複数の転職サービスを利用すると、より選択肢が広くなり多くの求人から自身に合った企業を選べます。

そのため、2〜3社の転職サービスを併用するとよいでしょう。ここでは、転職ドラフトとあわせて登録したいサービスを紹介します。

複数の転職サービスを利用したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

エンジニアとして経験・スキルに自信がある方

まずは、エンジニアとして転職を希望する方におすすめのサービスです。

エンジニアとしての経験やスキルに自信がある方は、次のサービスがおすすめです。

  • ビズリーチ
  • リクルートエージェント
  • doda

それぞれのサービスにおける特徴やおすすめポイントについて、具体的に解説します。

ビズリーチ

【おすすめポイント】
・ハイクラス向けの転職サイトであり、管理職などへの転職を目指す方におすすめ
・企業からスカウトが届くため、効率よく転職活動ができる
・優良企業の掲載や一流ヘッドハンターが多く、年収アップが期待できる
求人数 約8万件+非公開求人
対応職種 ・IT
・インターネット
・金融
・メーカー
・建設
・コンサルティング
・商社
・サービス
・不動産
・マスコミ・メディア
・流通
・小売
対応雇用形態 正社員
対応地域 全国

ビズリーチは、主に40代〜50代の転職希望者に向けたハイクラス転職サービスです。

管理職や専門職、次世代リーダーやグローバル人材など、即戦力となれる人材に向けた転職サポートといえるでしょう。

年収1,000万円以上の求人が3分の1以上もあるため、年収アップを希望する方にもおすすめです。

リクルートエージェント

【おすすめポイント】
・専属のコンシェルジュによる徹底サポートが受けられる
・求人紹介や面接対策、書類添削などのサポートが充実
・完全無料で利用可能
求人数 約34万件+非公開求人
対応職種 ・営業
・販売
・経営
・企画
・マーケティング
・事務系
・IT
・エンジニア
・電気
・機械
・科学エンジニア
・医療
・医薬品
・化粧品
・コンサルタント
・建築
・土木技術
対応雇用形態 主に正社員
対応地域 全国

リクルートエージェントは、専属のコンシェルジュによる徹底した支援を受けられる転職エージェントです。

さらには業界に精通したキャリアアドバイザーが多数在籍するため、内定まで徹底したサポートが受けられます。

エンジニアの求人も多く完全無料で利用できるため、転職ドラフトとの併用にはぴったりのサービスといえるでしょう。

doda

【おすすめポイント】
・大手企業や優良企業の掲載が多く、転職成功の実績も豊富
・福利厚生が充実している案件が多い
・転職サポートのコンテンツが豊富
求人数 約18万件
対応職種 ・営業
・企画
・事務
・販売
・サービス
・コンサルタント
・士業
・金融
・公務員
・SE
・機械
・建築
・化学
・食品
・医療
・クリエイティブ
・建築
対応雇用形態 正社員
対応地域 全国

dodaは、大手企業や有名企業などを多く扱っている転職サービスです。年収アップや大手企業への就職を目指す方におすすめのサービスといえるでしょう。

また掲載求人数が多く、エンジニアの求人も豊富です。より多くの選択肢から探したい方は、dodaの利用がおすすめです。

エンジニア以外の職種も探したい方

続いて、エンジニア以外の職種も探したい方におすすめの転職サービスを紹介します。

おすすめの転職サービスは次のとおりです。

  • type
  • エン転職
  • ワークサポート

それぞれの転職サービスについて、特徴やおすすめポイントを紹介します。

type

【おすすめポイント】
・スカウト制度があり、年収アップを希望する方におすすめ
・AIによる求人提案が受けられる
・職種ごとの特集があり、求人を探しやすい
求人数 約2,500件
対応職種 ・IT
・通信
・Webエンジニア
・プロジェクトマネージャー
・ITコンサル
・電子
・電気技術
・メカトロニクス技術者
・営業系
・販売員
・サービススタッフ系
・事務
・管理部門系
・企画
・マーケティング系
・クリエイティブ系
・土木設計
・建築
・設備設計
・化学
・バイオ関連職
・ビジネスコンサルタント
・専門職
対応雇用形態 主に正社員
対応地域 全国

typeはフルリモートや未経験OKなど、さまざまな条件から探せる転職サイトです。

AIによる求人検索機能もあり、自身では見つけられなかった求人が見つかるかもしれません。

多くの職種における求人を募集しているため、エンジニアに限らずさまざまな職種を検討したい方におすすめです

エン転職

【おすすめポイント】
・大手優良企業や公務員の掲載も多い
・社員や元社員の口コミを閲覧可能
・面接対策や書類添削などのサポートが充実
求人数 約5,000件
対応職種 ・営業
・企画
・事務
・マーケティング
・管理
・販売
・サービス
・医療
・福祉
・教育
・コンサルタント
・金融
・不動産
・クリエイティブ
・エンジニア
・IT
・電気
・電子
・建築
・土木
・医薬品
・化学
・施設
・設備管理
・物流
・公務員
・団体職員
対応雇用形態 主に正社員
対応地域 全国

エン転職は、大手優良企業や公務員の求人が多数掲載された転職サイトです。

未経験歓迎の案件も多いため、エンジニアからの転職や異なる業界への転職を目指す方にもおすすめです。

サポートコンテンツも豊富であり、社員の口コミを閲覧できたり面接対策などの丁寧なサポートを受けられたりします。

ワークポート

【おすすめポイント】
・専任コンシェルジュによる無料転職相談が可能
・非公開求人が豊富
・取り扱う職種が多数あり、未経験歓迎の案件も多い
求人数 約6万5,000件
対応職種 ・ソフト開発
・システムエンジニア系
・クリエイティブ系
・通信
・インフラエンジニア系
・ヘルプデスク
・ユーザーサポート
・研究
・製品開発
・品質評価系
・コンサルタント
・プリセールス系
・ゲーム制作関連
・ものづくり系エンジニア
・金融
・保険
・証券系
・建設
・土木
・プラント
・設備
・不動産専門職
・営業系
・事務
・管理系
・経営企画
・事業開発
・マーケティング
・プロモーション系
・役員
・販売
・サービス系
・薬剤師系
・物流
・運輸
・購買
・製薬
・創薬系
・医療系専門職
・福祉
・保育
・介護
・教員
・公務員
対応雇用形態 主に正社員
対応地域 全国

ワークポートは、専任コンシェルジュによる無料相談のサポートが受けられる転職エージェントです。

対応職種が非常に多いため、複数の選択肢から選びたい方におすすめです。非公開求人も多く、利用者のみの特典もあるためぜひ登録してみましょう。

転職ドラフトに関するよくある質問

最後に、転職ドラフトに関するよくある質問を紹介します。回答する質問は、次のとおりです。

  • 転職ドラフトの審査はどの程度の期間かかるの?
  • 転職ドラフトで指名・スカウトをもらえるようにするためには?
  • どのような企業の求人があるの?

それぞれの質問に対して、具体的に回答します。

転職ドラフトの審査はどの程度の期間かかるの?

転職ドラフトの審査は通常申請してから1営業日以内に結果がわかります。ただし、申請の時期や都合により時間がかかるケースもあります。

申請してから3営業日を経過しても連絡がない場合、運営チームに問い合わせてみましょう。

転職ドラフトで指名・スカウトをもらえるようにするためには?

指名やスカウトをもらうためには、レジュメで経験や技術をアピールしましょう

どのようなプロジェクトに関わり、どういった技術を開発したのか、実装に携わったのかなど、具体的に記載すると指名やスカウトを受けやすくなります。

どのような企業の求人があるの?

転職ドラフトでは、参加する企業に対し独自の基準を設けています

その基準を満たした企業のみが転職ドラフトを利用可能なため、信頼度の高い企業がドラフトに参加しています。

まとめ

本記事では、転職ドラフトのサービス概要をはじめ、実際に利用した方の口コミや評判、口コミを受けてのメリットやデメリットを紹介しました。

転職ドラフトは転職希望者に対して企業が競争入札する形を取っており、年収の目安がすぐにわかります。

実際に利用した方の満足度も高く、年収アップに成功した利用者が多数います。

さらに転職ドラフトの利用に向いている方や向いていない方それぞれの特徴のほか、転職ドラフト以外におすすめの転職サイトもあわせて解説しました。

転職サポートは複数利用することで、より多くの求人に出会えます。

すでに転職ドラフトを利用している方もこれから利用を検討している方も、ぜひ複数の選択肢から自身に合った求人を選んでみましょう。

※本記事の情報は2023年3月時点のものです。
※本記事は公開・修正時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。キャンペーンを含む最新情報は各サービスの公式サイトよりご確認ください。
※本記事で紹介しているサービス・商品に関するお問い合わせは、サービス・商品元に直接お問い合わせください。

<参考>
ビズリーチ
リクルートエージェント
doda