医療事務派遣はメリット多い?医療事務派遣に強いおすすめの派遣会社を紹介!

時給が高く人気の派遣である医療事務。医療機関に医療事務として派遣で働く際には、まず派遣会社に登録する必要があります。

「そもそも医療事務の業務内容は?」「おすすめの派遣会社はある?」
このような疑問を抱く方も多いのではないでしょうか。

本記事では、医療事務派遣の業務内容やメリット・デメリット、派遣会社の選び方、おすすめの派遣会社も紹介します。

これから医療事務派遣として働きたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

医療事務の派遣とは

医療事務の派遣とは、どのような働き方なのか気になる方も多いのではないでしょうか。これから医療機関で医療事務の派遣として働きたい方は、一度確認しておきましょう。

派遣には契約期間がある

医療事務派遣に限ることではありませんが、基本的に派遣は契約期間が決まっています。

そのため、一度派遣会社に登録して就業した企業で、無期限に働き続けられるわけではないことを理解しておきましょう。

派遣社員は最長3年までしか同じ派遣先で働けません
3年以上働く場合は、派遣先の企業と直接契約に変更するか、契約更新する必要があります。

元々の契約が、直接契約を前提にした紹介予定派遣という働き方であれば、両者の合意のもと雇用形態の契約変更を行い、契約社員や正社員として派遣先の企業で働き続けることも可能です。

ただし、現実的には登録型派遣の求人が多く、同じ企業での業務を希望する場合、最長でも3年の契約となることを理解しておきましょう。

派遣社員の雇用主は病院やクリニックではなく派遣会社

派遣社員として医療事務の仕事を行う場合は、病院やクリニックと直接契約するのではなく、派遣会社と雇用契約を結ぶ必要があります。

派遣会社に雇用契約を結んだ後、勤務する病院やクリニックを紹介してもらい、就業する流れです。

派遣会社に給与や業務内容、勤務地などの希望条件を伝えると、希望条件に合う求人を紹介してくれるため、自ら仕事を探す必要がありません。自身が希望する職場環境がみつかりやすいのは、派遣のメリットと言えます。

繰り返しになりますが、医療事務派遣の雇用主は派遣会社です。医療事務派遣として働きたい方は、まず派遣会社に登録して求人に応募しましょう。

医療事務の主な仕事内容

医療事務の業務内容は幅広く、詳細の実務内容を把握しにくいことが多々あります。そこで、医療事務の主な職種と業務内容には、どのようなものがあるのか詳しくみていきましょう。現在転職活動中の方など、ぜひ参考にしてみてください。

まず、医療事務の主な仕事内容は次のとおりです。

  • 受付窓口(クラーク)業務
  • 診療報酬(レセプト)業務

受付窓口業務と診療報酬業務について、それぞれ詳しく、解説します。

受付窓口(クラーク)業務

受付窓口業務は、病院の受付や会計などの事務系の仕事を行うことが多いです。
クラークとして働く場合は、基本的にナースステーションに常駐し、次のような業務を行います。

  • 患者のカルテの整理
  • 患者の食事・点滴・投薬
  • 入退院の手続き

上記のとおり、主に医師や看護師のサポートを行います。
仕事内容は、カルテの整理などの事務的な作業以外に、点滴や投薬などの医療行為まで多岐にわたります。

医師や看護師、入院患者と直接関わる業務です。医療事務として少しでも医療に貢献したいといった方に向いている業務と言えます。

診療報酬(レセプト)業務

受付窓口以外にも、診療報酬という業務もあります。診療報酬は、主に次のような業務を行います。

  • 診療報酬明細書の作成
  • 診療報酬明細書の点検
  • 各医療機関への請求

上記のとおり、診療報酬業務は、病院やクリニックなどの医療機関の収入にかかわる業務です。診療報酬明細書を作成したり各医療機関へ請求したりする業務が中心のため、専門的な知識が必要な業務と言えます。

また、お金に関わる業務なので、大きなミスは許されません。そのため、一つ一つの作業を正確に進めるスキルが求められます。

診療報酬業務で培ったスキルは、病院やクリニックではもちろんのこと、薬局や健康保険組合、審査代行機関などでも活用ができます。ライフスタイルの変更に伴う転職活動などの際に、求職の幅が広がります。身につけておいても損のないスキルでしょう。

診療報酬明細書の作成などに興味がある方は、派遣会社に登録して求人を探してみましょう。

医療事務派遣のメリット

医療事務派遣は、時給が高いという理由で始める方も多いですが、実は時給が高い以外にも次のようなメリットがあります。

  • 勤務時間や休暇の厳守
  • 未経験可
  • 責任が重くない
  • 残業はほとんどないか短時間
  • 派遣会社からのサポート

上記のメリットを詳しく解説します。

高時給で働ける

高時給で働ける点がメリットです。

時給が高いからという理由で、医療事務派遣を選んだ方も多いのではないでしょうか。
医療事務派遣の時給が高い理由は、働いた分だけ給料がもらえるためです。加えて、資格やスキルなどを評価されると、さらに高額な時給の職場で働ける可能性が高くなります。

これは派遣契約全てにいえることですが、派遣は正社員と異なりボーナスや年1回の昇給の機会が設けられていないことがほとんどです。その分時給に上乗せされているため、時給が高く設定されるケースが多くなっています。

工事現場などの派遣に比べると、肉体的な疲れもそこまでないので、仕事量の割に高時給で働ける派遣といえます。

勤務時間が守られ休暇もしっかり取れる

医療事務派遣は、勤務時間をしっかり守る派遣先企業が多いと言えます。また、休暇もしっかり取れることが多いです。いい換えると、働き方の自由度が高い派遣と言えます。

例えば、次のような時間帯に勤務可能な求人も多いです。

  • 午前中のみの勤務
  • 夕方までの勤務
  • 土日祝日は必ず休み

お子さんがいる方は、保育園や幼稚園が終わる時間には退勤したい方も多いのではないでしょうか。医療事務派遣は比較的自由な時間に働ける派遣先が多いので安心です。

また、土日や決まった曜日は必ず休みなど、休暇がしっかり取れる派遣先も多くあります。

正社員の場合、ここまで自由な時間に働いたり休暇が取れることは少ないです。自由な時間に働いたり希望の日程でしっかり休暇を取りたい方は、医療事務派遣が向いています。

未経験でも働ける

医療事務派遣は、未経験の方も働けるといったメリットがあります。

「医療」と聞くと、医師免許や看護師免許がない場合は就業できないと考える方も多いですが、医療事務派遣の中には、医療行為を伴わない業務を行う求人も多くあるので、未経験でも働けます

例えば、未経験でも次のような業務内容が就業可能です。

  • 保険証のデータ入力
  • 問診票のデータ入力
  • カルテのデータ入力
  • 電話対応
  • 受付業務

医療分野に興味はあるけど、免許がないという方も上記のような業務で就業し、経験を積んでいけば、正社員として直接契約できる可能性も考えられます。医療分野に携わりたい未経験の方も安心して始めれます。

責任がそこまで重くない

医療事務派遣は、そこまで責任が重くない仕事と言えます。

医療と聞くと人の命を預かって仕事をこなすと言うイメージを持つ方も多いですが、医療事務は事務や受付などの仕事が中心なので、そこまで大きな責任は問われません。

また、正社員の場合は時に作業範囲以外のことを行うこともありますが、派遣社が雇用契約に定められていること以外の作業を任されることはほとんどありません。

仕事に対しての責任がそこまで重くないと、精神的なストレスを抱えずにのびのびと仕事ができます。

派遣社員として働きつつ、家事や育児などをこなす方などは、仕事で大きなストレスがかかってしまうと日常生活に影響がでかねません。できるだけストレスのない派遣先を選ぶようにしましょう。

残業がほとんどない

医療事務派遣は、残業がほとんどありません。

正社員の場合は、自身の仕事が終わっても周りの業務が忙しい時は手伝ってから退勤することも多いので、残業が多くなりがちです。

しかし、医療事務派遣の場合は、雇用契約で定められた仕事以外をこなす必要がないので、自身の仕事が終わるとすぐに帰宅できます。

また、派遣社員は時間で労働契約を結んでいるので、最悪自身の仕事が終わらなくても勤務時間が終了すれば退勤できるため、残業がほとんどありません。

どうしても残業する必要がある場合も、残業した分の時給は確実に発生する点もメリットです。派遣社員にサービス残業はありません。

派遣会社のサポートがある

医療事務派遣は、派遣会社のサポートを受けながら仕事できるのもメリットです。

職場の悩みや不安などを派遣会社の担当者に相談すれば、何かしらの回答を受けられますし、働きにくい原因があれば改善するように動いてくれることもあります。

正社員でも周りに相談できる人がいれば、仕事の悩みなどを相談できますが、必ず相談できる環境が整っている職場に就業できるとは限りません。

また、派遣会社に希望の条件などを伝えるだけで最適な求人を紹介してくれたり、派遣会社が開催している研修に参加できるなどのメリットもあります。

派遣会社のサポートを受けて、良い環境で働いたり自身のスキルをアップさせながら働いたりしたいと考えている方は、医療事務派遣として働いてみましょう。

医療事務派遣のデメリット

医療事務派遣にはメリットがいくつもありますが、逆にデメリットもあります。メリットだけでなくデメリットも把握し、自身に医療事務派遣が最適なのか確認してみましょう。

医療事務派遣のデメリットは、次のとおりです。

  • 制度改正の度に新しい知識を覚える必要がある
  • 契約更新されない可能性
  • 社員の待遇面に大きな差

医療事務のデメリットについて、一つずつ解説します。

制度改正の度に新しい知識を覚える必要がある

特に医療事務派遣では、制度改正の度に新しい知識を覚える必要があります。

医療事務派遣として働く場合は、診療報酬明細書の作成や点検を行うことが多いので、さまざまな制度について詳しくないと業務をスムーズに進められません

また、制度は時間が経つと改正されることもあるので、改正されるたびに制度の内容を把握する必要があります。

普段から法律や制度に関心がない方の中には、デメリットに感じる方も多いのではないでしょうか。

契約更新されない可能性がある

医療事務派遣は、契約更新されない可能性があります。

派遣社員は、同じ派遣先で最長3年しか働けないのですが、契約更新できれば3年以上働くことも可能です。しかし、勤務に問題がある場合などに派遣先の企業が合意しない場合は、契約更新できないこともあります。

また、自身の勤務態度や勤務内容に問題がなくても、登録している派遣会社との契約を終了し、他の派遣会社と契約した場合なども更新できません。

一度就業できた派遣先と、確実に契約更新できるわけではないと理解しておきましょう。

社員と比べて待遇面に差がある

医療事務派遣は、正社員と比較して待遇面に差があるのは大きなデメリットです。

一例として、正社員と派遣社員で大きな差がある点を紹介します。

  • 給与
  • 住居手当や家族手当
  • 賞与
  • 退職金

上記のような待遇は、正社員には設定されているものの、派遣社員にはそもそも適用されなかったり、金額が少なかったりすることも多いです。

正社員は給料や勤務日数が決まっている反面、派遣社員は時給で給与が支払われるという仕組みの違いがあるので、当然のことです。

そのため、正社員と待遇の差があっても、働きやすさや休みの取りやすさなどを重視したいと考えている方などは、医療事務派遣として働くのがおすすめです。

失敗しない派遣会社の選び方

医療事務派遣を始めたい方は、派遣会社に登録しないと仕事を始めることができません。そのため、まずは最適な派遣会社を選ぶ必要があります。

しかし、派遣会社はかなりの数あるので、どの派遣会社がご自身に合っているのか迷ってしまう方も多いです。そんな方は、次のポイントに沿って選んでみてください。

  • 求人数の多い派遣会社へ複数登録
  • 担当者の対応
  • 派遣会社の信頼度や福利厚生を確認
  • 勤務開始時期は柔軟にしておく
  • 経歴やスキルを正直に記入
  • 応募はひとつの案件に対して一度

上記のポイントを一つずつ、詳しく解説します。

求人数の多い派遣会社へ複数登録

派遣会社に登録する際は、求人数の多い派遣会社へ複数登録するようにします。

複数の派遣会社に登録することで、自身の希望の時給や休みの多さなどの、希望条件に最適な求人が見つかる確率が高まります。

1社しか登録していないと、その派遣会社で掲載されている求人の中から選ぶことになるため、希望する求人を見つけられない可能性が高いです。

自身が希望する条件に合う求人を見つけるためにも、求人が多い複数の派遣会社に登録しましょう。

担当者の対応の丁寧さ

派遣会社を選ぶ際は、担当者の対応の丁寧さを確認します。

担当者が希望条件などをヒアリングする際に、雑な対応をとっている場合などは、自身に最適な求人を提示してくれなかったり、十分なサポートが受けられなかったりする可能性が高いです。

また、実際に就業できたとしても、仕事内容や人間関係、職場の環境などを相談しても動いてくれず、働きにくい環境で我慢して働くことになる可能性も十分考えられます。

長く安定的に働いていくためにも、派遣会社を選ぶ際は担当者の対応の丁寧さを確認しましょう。

派遣会社の信頼度や福利厚生を確認

派遣会社を選ぶ際は、派遣会社の信頼度や福利厚生の内容を確認してから登録するようにします。

派遣会社によっては、登録している方から信頼されていない会社も多いです。そのような派遣会社に登録し就業しても、快適に派遣社員として勤務できるとは言い切れません。

派遣会社の信頼は、実際に登録している方の口コミなどから確認ができます。各SNSやWeb上で派遣会社の口コミや評判を事前に調べてから登録するようにしてください。

また、福利厚生を確認することも大切です。派遣社員は、派遣会社の福利厚生を利用することになるので、内容が充実している派遣会社に登録した方がお得と言えます。

福利厚生の一例をお伝えすると、次のとおりです。

  • 健康保険
  • 雇用保険
  • 労災保険
  • 有給休暇
  • 産休・育休
  • さまざまなスキルアップ支援
  • 健康やメンタルヘルスを相談する窓口の設置
  • 国内外の施設を優待料金で利用可能

上記のとおり、福利厚生と一言で言ってもたくさんあります。特に、スキルアップ支援などの、派遣会社独自で提供しているような福利厚生はチェックしておきましょう。

勤務開始時期は柔軟にしておく

派遣会社を選ぶ際は、勤務開始時期を柔軟に設定しておきましょう。どちらかと言うと、仕事の獲得方法に近いですが、大切なポイントです。

派遣会社から紹介される求人の中には、すぐに就業できる方を募集している求人が多くあります。そのような求人にすぐ応募できるように、勤務開始時期は柔軟に設定しておくのがおすすめです。

就業可能な時期がまだ先になることが原因で、求人に応募できないという事態にならないよう注意してください。

経歴やスキルを正直に記入

派遣会社に登録する際は、経歴やスキルを正直に記入するようにします。

派遣会社に登録すると、必ず経歴やスキルをヒアリングするタイミングがあります。その際に虚偽の内容を記入すると、自身に合わない仕事内容の求人ばかり提案される可能性が高いです。

そうなると、なかなか最適な求人がなく応募すらできなかったり、就業できたとしても自身のスキルよりも高いスキルが求められる職場で働くことになる場合もあります。

後から経歴やスキルを訂正するのは難しいケースが多いです。登録段階に行われるヒアリング時に、正確な経歴やスキルを記入するようにしてください。

応募はひとつの案件に対して一度だけにする

求人に応募する際は、一つの求人に対して一度だけ応募するようにします。

何度も応募すれば、採用される確率が上がるわけではないので、複数回応募しても意味がないです。

また、一度落ちた求人に再度応募する場合は、異なる派遣会社からでないと応募できません。仮に派遣会社を変えて同じ求人に応募しても、採用される確率は低いので、こちらもおすすめできません。

最悪の場合、何度も応募すると、応募先の企業から派遣会社に苦情が入り、派遣先と派遣会社からの信頼を失う結果になる可能性もあります。

選考に落ちてしまった場合は、落ちた理由を考え次回の応募に活かしましょう。

医療事務派遣に強いおすすめの派遣会社3選

自身で派遣会社を選ぶのが面倒な方や、おすすめの派遣会社の中から選びたい方は、ここで紹介する派遣会社の中から選んでみてください。

どの派遣会社も医療事務に強い派遣会社のため、登録して損はしません。気になる派遣会社があるか確認してみましょう。

紹介する派遣会社は次の3社です。

  • スタッフサービス
  • 医療事務求人.com
  • テンプスタッフ

スタッフサービス

スタッフサービスは、医療事務・受付業務・クラークだけで15,143件の求人があるので、自身に最適な求人を見つけられる可能性が高いです。医療事務以外にも、ITや介護など幅広い求人を取り扱っています。

スタッフサービスは最短で5営業日以内に就業可能なので、今すぐにでも仕事を始めたい方におすすめです。

創業40年、就業者数約80,000人の業界トップクラスの実績を持つ派遣会社で、ご自身のスキルにぴったりな求人を見つけたい方は、ぜひ登録だけでもしてみてください。

医療事務求人.com

医療事務求人.comは、全国の医療事務の求人を掲載しているサービスです。現時点での求人数は15,447件と、大手派遣会社であるスタッフサービスと同等の求人数を誇ります。

条件をかなり細かい部分まで絞って検索できるのが特徴です。例えば、無期雇用派遣社員や有期雇用派遣、紹介予定派遣などを選んで検索できます。

未経験歓迎や資格なしでも応募できる求人も多いので、未経験でも医療事務派遣として働きたい方は、一度求人だけでも確認してみてください。

テンプスタッフ

テンプスタッフは、派遣会社の中でも最大級の求人数を誇っています。そのため、できるだけ多くの求人の中から最適な求人を選んで応募したい方は、ぜひ登録してみてください。

テンプスタッフは求人数の多さだけでなく、福利厚生が充実している点も特徴です。例えば、健康保険・厚生年金・雇用保険などの基本的な社会保険はもちろん、産前産後休業・育児休業・介護休業などの制度も整っています。

また、サポート制度も充実しており、資格取得を支援する講座や事務系の基本的なスキルを獲得できる講座などを提供しているので、働きながらスキルアップしたい方も安心です。

まとめ

今回は、医療事務派遣の概要やメリットデメリットなどをお伝えしてきました。医療事務としての勤務を希望する方は、派遣会社に登録すると良いでしょう。
派遣会社を選ぶ際は、次のポイントに沿って選んでみてください。

  • 求人数の多い派遣会社へ複数登録
  • 担当者の対応
  • 派遣会社の信頼度や福利厚生を確認
  • 勤務開始時期は柔軟にしておく
  • 経歴やスキルを正直に記入
  • 応募はひとつの案件に対して一度

上記のポイントに沿って選ぶと、最適な派遣会社が選べます。また、個人で医療機関の求人を探すより、ある程度まとまった求人のある派遣会社の方が、希望の職種や勤務形態の叶う職場を探す幅も広がります。仕事も獲得しやすいので、実践してみてください。

派遣会社を選ぶ際は、本記事内で紹介している派遣会社に登録するのもおすすめです。どの派遣会社も求人数が多く、サポート体制が充実している派遣会社です。ぜひ登録してみてください。

※本記事の情報は2022年6月時点のものです。
※本記事は公開・修正時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。キャンペーンを含む最新情報は各サービスの公式サイトよりご確認ください。
※本記事で紹介しているサービス・商品に関するお問い合わせは、サービス・商品元に直接お問い合わせください。

<参考>
スタッフサービス
テンプスタッフ