仕事を辞めたいと言えない場合の理由と考えられるリスクを解説!

仕事を辞めたいと思っていても言い出せず、辞めたい気持ちを抱えたまま会社に長く残る方は多いです。

退職を切り出せない理由は「上司が怖い」「伝えたあとの関係が気まずい」などいろいろあるでしょう。

「どうしても辞めたいけど言えない」と感じているときは、まず辞めたい理由をはっきりさせることが重要です。

不満に思っていることを本音で伝えると、人間関係の悪化が予想されるからです。本音をうまく前向きな理由に変換してから伝えることで、円満な退職につながります

今回は仕事を辞めたいのに言えない理由や、退職を伝えるためにできること、どうしても言えない際に利用できる最終手段について紹介します。

仕事を辞めたいと思っても言い出せない主な理由

仕事を辞めたいのに上司に伝えられず、なかなか踏ん切りがつかない方は、まずなぜ言えないのか理由を分析してみましょう。

ここでは仕事を辞めたいのになかなか言い出せない方の一般的な理由を紹介します。

上司がこわくて言えない

仕事を辞めたいのになかなか辞められない大きな理由の一つに、上司に退職の話を切り出せないことが挙げられます。

普段から相談や世間話など気軽にできる上司であれば、話がしやすいく退職の切り出しも難しくはありません。

しかし、自身とあまり相性が良くなかったり常日頃から高圧的な態度が見られたりする上司には、なかなか退職の話を切り出すことが難しいものです。

パワハラを受けていたり、相談すると怒鳴られたりする場合はとくに伝えにくい環境にいるため、直属の上司ではなく人事部や先輩に相談する方法もあります

引き止められるから

退職話をした際に強く引き止められたら断れる自信がなく、辞めたいと言い出せないケースも多く見られます。

いざ退職するために上司に伝えると、待遇改善や異動などを提案されて、もう少し頑張ってほしいと期待されることもあるでしょう。

とくに退職の理由を聞かれたときに「その点を改善するからまだ残ってほしい」と言われるとより断りにくくなり、辞めるタイミングを見失ってしまう可能性もあります。

退職を伝えたあとが気まずくなるから

辞めたいと伝えることで「退職までの人間関係が大きく変わってしまうのでは」と恐れて言い出せないこともあります。

退職を伝えてもすぐに辞められるわけではないため、実際に辞める日までは同僚や上司と顔を合わせなければいけません。

退職に関しては引き止められなかったとしても、気まずくなりそうと悪い方へ考えてしまうこともあるでしょう。

もともと職場の人間関係に悩んでいるのならば、なおさら退職を伝えたあとの関係が気になり、言えずに先延ばしになることも考えられます。

退職を伝えてから実際に退職するまで、約1~2か月かかることが大半です。短期間ではあるものの、その間に人間関係が悪化すると嫌な思いをしながら辞めることになるため、怖くて辞めると言いたくない方も多いです。

職場が常に人手不足だから

責任感の強い方ほど自身が退職した際は職場に迷惑がかかると思い、なかなか退職の話を切り出せないものです。

常に忙しく残業の多い職場であれば、なおさら辞めたことで人手不足となり職場が回らなくなることも考えられます。

上司に退職を伝えても人手不足を理由に断られたり引き止められたりする可能性もあります。

しかし、自身が「辞めたい」と思っているのであれば、タイミングを見計らい踏ん切りをつけて辞めると決断しなければいけません。

たとえ人手不足で会社に不利益が出ても、それは退職する方ではなく会社の責任です。深く考える必要はありません。

職場に迷惑をかけてしまうと思うから

現在の職場で役職についていたり、リーダー的な立ち位置にいたり、重要な役回りを担当しているとなかなか辞めるタイミングがなく退職の相談も難しく感じます。

退職すると職場に迷惑がかかる立ち位置にいるのであれば、まずは退職したいことを早めに伝えましょう。そのうえで手続きや業務の引き継ぎなどを正確におこなうことが円満に退社できる重要なポイントです。

家族が退職を望んでいない

大手企業や待遇のよい職場に勤めている場合は、家族に退職を相談することもためらわれるかもしれません。

転職すると給与が下がったり引っ越しが必要になったり、家族の環境も変わる可能性も考えられます。とくに退職後の生活や将来のための貯蓄に不安があると、家族にも上司にも伝えにくいでしょう。

「仕事を辞めたい」を言いやすくするために準備するしておくこと

一度の話し合いで確実に退職するためには、準備を整える必要があります。

退職の理由や転職先をあらかじめ決めることで無理な引き止めを防ぎ、退職後の生活にも余裕をもって対応できます。

退職届を書く

会社の規則に則った退職手続きを踏むために、まずは就業規則をチェックして退職届をいつまでに提出すればよいのかを確認しましょう。

一般的に、就業規則には退職届の提出期日や提出先などが記載されています。

なお、退職届と混同されやすい書類に「退職願」があります。退職願は職場を辞めたい旨を伝えるための書類で、退職届は辞める日が確定してから提出するものです

退職届を書くことで上司にも確固たる意志を伝えられます。

辞めたい理由を紙にかく

漠然と辞めたいと考えている場合は、まず一度辞めたい理由を紙に書き出してみることもおすすめです。

箇条書きでも文章でも、思ったことを書いていけば思考が具体的にまとまり整理されるため、辞める理由を説明する際にも役立ちます。

冷静に辞めたい理由を見ると何が原因であるかわかりやすく、自身の意識を少し変えるのみで改善する可能性もあります。

もし解決策がなかったり会社全体の問題であったり、自身では改善しようがないことが辞めたい理由とわかれば、気持ちを切り替えて早急に転職先を見つけることをおすすめします。

人手不足は会社の責任と考える

職場が常に人手不足で辞めにくい場合は、人手不足は会社の責任だと割り切ることもが重要です。

退職希望者ができる迷惑のかけない方法は辞めないことではなく、滞りなく丁寧に引き継ぎをおこなうことともいえます。

退職を伝えたときに「繁忙期が終わったら」「次の社員が見つかったら」などと言われ、退職日を先延ばしにされることもあります。

しかし、就業規則のとおりに退職手続きを踏めば、会社はその間に人員確保するため問題ありません

また、いつも人手不足に悩んでいる職場は、早めに退職すべき会社の特徴にも当てはまります。

上司や同僚の反応を気にしすぎる必要はありませんが、できるだけ穏便に退職したい方は繁忙期を避けて辞めやすい時期に退職届を出すことをおすすめします。

伝える状況を考えてみる

いざ退職を決意したあと、上司にどのように伝えるか一度考えてみましょう。退職届の提出先が人事部であっても、マナーとして上司には先に口頭で伝えることが重要です。

急に社内メールやメッセージで退職したいと伝えるのではなく、まずは相談したいことがあると伝えて対面で話すことをおすすめします。

対面で会う場所は職場が一般的ですが、常に相談に乗ってくれるような関係がよい上司であれば、終業後での相談を約束してもよいでしょう。

対面で話す際はネガティブなことや感情のみで話すのではなく「キャリアプランを見据えた目標ができた」「転職先が見つかった」など、前向きな理由を伝えてください。

会社に対する不満ばかりを伝えると「改善すれば残ってくれる」と思われてしまいます。キャリアプランや目標などポジティブな理由を伝えれば、退職を引き止めにくい状況にもなります。

次の転職先を見つける

辞める前に転職先を見つけておくことで、辞めたいとはっきり言える状況を作れます。

もし上司から引き止められても次の転職先が見つかっていれば穏便に退職できるでしょう。

反対に転職先が見つかっていないと引き止められる確率も高くなり、断りにくい雰囲気になることも考えられます。

なかなか辞めたいと言えない方は、自身を追い込むために言わざるを得ない状況を作ることもきっかけの一つです。

退職したいと言えなくてもすぐに辞めた方がいいケース

漠然と辞めたい意思があっても、次の転職先が決まっていなければなかなか上司に言えずに退職が延びることもあります。

しかし、次の転職先や目標が決まっていなくても、次のようなケースに当てはまる職場であれば働き続けるほど損になります。

  • 会社の将来が見えない
  • 頑張っても昇給・昇進しない
  • パワハラ・セクハラなどが日常的
  • 人間関係など労働環境が悪い
  • 体調不良

一つでも当てはまる場合、なるべく早めの退職をおすすめします。それぞれ詳しく紹介します。

会社の将来が見えない

会社全体の業績が伸び悩んでいたり業種自体が衰退したり、会社そのものの将来が見えない職場に長くいることはおすすめできません。

会社の将来が見えないと、仕事にやりがいを見出すことも難しく、モチベーションの低下につながります。また、キャリアアップの大切な時期を見逃しやる気が低下する恐れもあります。

会社の将来や職場環境は自身の将来に大きく影響するため、将来性の薄い会社は早めに去り、自身の目標やキャリアアップを実現できる会社を探しましょう。

頑張っても昇給・昇進しない

昇給や昇進が期待できない会社は、経営不振や従業員を大切にできないことが考えられます。いずれにせよ長く勤めるメリットがないため、早めに次の転職先を見つけましょう。

昇給や昇進どころか、給料や残業代の未払いで最低賃金以下の給与になっている職場は倒産の可能性もあり、転職先が見つかっていなくても早急に辞めることをおすすめします。

パワハラ・セクハラなどが日常的

パワハラやセクハラが日常的におこなわれている会社に所属していると、たとえ自身が対象となっていなくても精神的に追い込まれる可能性があります。

会社全体でパワハラやセクハラが珍しくないのであれば、一人が動いても会社内の治安は改善しません。自身の心が蝕まれて病む前に、早急に辞めてその環境から離れましょう。

とくにパワハラが横行している職場では上司に辞めたいと言うことも難しいのかもしれませんが、どうしても言えない際は退職代行の利用もおすすめです。

人間関係など労働環境が悪い

職場の雰囲気や人間関係が悪い職場も早めに退職しましょう。とくに悪い雰囲気が業務にも影響するほど強い場合もは、早急な退職がおすすめです。

労働環境の悪い職場に身を置いていると、徐々に出勤をするときの憂鬱さが強くなっていきます。最終的には耐えられないほどの苦痛を感じるまでになり、精神的に追い込まれるケースもあります。

体調不良

会社に勤めていて頻繁に体調不良に陥ったり遅刻や欠勤が多くなったりする場合は、職場の環境が影響している可能性があります。

すぐに風邪をひいたり原因不明の体調不良で寝込みやすかったり、頻繁に健康状態が悪化する場合は、日々溜め込んでいる職場のストレスが原因とも考えられます。

とくに別の職場にいた頃は休みがちではなかった方は要注意です。

仕事を辞めたいときの伝え方

仕事を辞めたいと伝える際はなるべく穏便に済ませたいものです。

退職をできるだけ引き止められにくく、上司や同僚に嫌な印象を持たれにくい理由を紹介します。

円満に退職しやすい理由

本来であれば退職するために細かい理由を伝える必要はありませんが、上司によっては根掘り葉掘り聞いてくることもあります。

円満に退職するためには、上司に「それなら仕方ない」と思わせることがポイントです。なるべく嘘をつかずにシンプルな理由を考えて伝えましょう。

家庭の事情

家庭の事情とは「出産や育児に専念したい」「介護のために退職したい」などの理由が当てはまります。

家庭の事情での退職はやむを得ない場合が多いため、トラブルや無理な引き止めが少ない円満な退職につながりやすい傾向にあります。

柔軟な対応の職場であれば休職や時短での勤務を勧めてくることもありますが、本当に辞めたい場合はなぜ働き続けられないのか理由をはっきりと伝えることが重要です。

体調不良

自身の体調不良を理由に辞める場合、一番円満に退職できる方法は医師からの診断書を見せることです。

どれほど深刻な状態であるかわかりやすい方法であり、退職の話がスムーズに進みやすくおすすめです。

辞めたい理由として「治療に専念したい」ことや「業務の継続が困難」であることを伝えると、より理解を得やすくなります。

キャリアアップしたなどの前向きな理由

転職先を見つけたりフリーランスとして働いたり「キャリアアップするために辞めたい」との理由も円満に退職しやすい理由の一つです。

たとえば現状のまま会社に居続けても給与が上がらず昇給も見込めない場合は、キャリアアップを理由にして退職できます。

とくに「別の職場でなければスキルを身に着けられない」「目標にたどり着けない」などプラスの理由があるほど納得されやすい傾向にあります。

1〜3か月前には退職を申し出る

円満な退職を目指すには、できるだけ早いタイミングで上司に伝えることが前提となります。退職を申し出る際は、退職希望日の1か月から3か月前に直属の上司に伝えることが一般的です。

たとえ退職届の提出先が人事部であっても、まずは直属の上司に退職の意思を伝え、退職希望日を決めてから退職届を作成します。

就業規則に決まりがなくても「1週間後に辞めたい」「すぐに辞めたい」などの急な申し出は受け入れられないケースが大半です。退職希望日までに余裕をもって伝えましょう

また就業規則には「退職希望日の何か月前に退職届を出すべきか」が記載されているため、会社の方針に従って伝えることが円満退職のポイントです。

職場や上司に不満があっても言わない

会社や人間関係の不満が原因で辞める際、辞める前に伝えておきたいところですが、円満な退職を目指すなら我慢しておさえましょう。

パワハラが横行していたり仕事のストレスが酷くて体調を崩したり、正直に伝えにくい理由である場合はすべてを本音で話す必要はありません。

もし伝える理由に悩んだ際は、当たり障りのない「一身上の都合」や「家庭の事情」などの説明が効果的です。

たとえば特定の人物とのトラブルが原因である場合、マイナスの感情を正直に伝えると改善策を持ち出されて引き止められる可能性があります。

もし自身が一方的な誹謗中傷や嫌がらせなどを受けており、いじめに近いトラブルが原因で辞めたい場合は「改善しなければ退職する」との方向で話し合いを進めてみましょう。

「辞めたい」ではなく「辞める」と伝える

上司に辞めたいと相談すると、待遇の改善を理由に引き止められることもあります。そのため、退職を相談するときは「辞めたい」ではなく「辞める」と確固たる意志を見せることが重要です。

上司や会社に感謝の意を述べ、引き継ぎなどの期間に余裕があることを伝えて納得させましょう。

引き止められても強く「辞める」と言うために、辞めざるを得ない理由をしっかり説明できるように準備が必要です。

仕事を辞めると伝えない場合の考えられるリスク

無理して辞めたい職場に長く残ることはデメリットが非常に多く、自身のためにはなりません。

長く続けても辞めたい意思が薄れるケースはほぼ見られないため「もっと早く辞めておけば良かった」と後悔しないよう、今のうちに退職しないリスクをチェックしてみましょう。

若い方が採用される傾向がある

毎年の新卒採用がない会社でも、会社は一から人材を育てられる若い方を優先して採用する傾向にあります。

そのため、自身がなかなか辞められずにいて年齢を重ねると、同じように別の会社で採用率が下がることが懸念されます。

採用条件に年齢制限を設けている会社も少なくないため、就職の選択肢が多いうちに行動を起こすことが重要です。

退職の先送りは現状の改善にはならない

退職を先送りにしても、職場の環境や待遇などが改善されることはほぼありません。

同じ悩みを抱え続けながら改善しない環境で過ごすことは、自身のモチベーションや精神的な負担にも影響します。

職場環境や給与面など、自身の力では悩みが解決しないことで辞めたいと考える場合は、見切りをつけて早めに転職先を見つけることをおすすめします。

スキルアップする機会を逃してしまう

辞めたい職場で働き続けると、仕事への熱意やモチベーションが自然と低下してしまいがちです。

辞めたくても同じ職場でもう少し頑張ろうと思えるのであればスキルアップやキャリアアップも期待できますが、一度辞めたいと考えはじめると熱心に仕事へ取り組めないことも考えられます。

モチベーションが下がっている社員に重要な仕事や役回りはなかなか回ってこないため、経験や成功体験がないまま辞めたいと思い続ける負の連鎖が続いてしまいます。

年齢を重ねるにつれ転職の機会も逃してしまい、再就職先が見つからない不安から同じ職場にとどまり続けるケースも珍しくありません。

仕事を辞めたいことをどうしても伝えられないときには?

どうしても対面で仕事を辞めたいと伝えられない場合には、退職届の郵送や退職代行サービスを利用する選択肢もあります。

それぞれにどのような特徴があるかチェックしてみましょう。

人事部宛てに退職届を郵送する

民法では「期間の定められていない雇用契約は、解約の申し入れから2週間の経過で終了する」と定められています。

そのため、どうしても伝えられない際は会社の人事部に退職届を郵送することで、2週間の経過をもって退職したことになります。あとで「届いていないから無効」と言われないために、内容証明郵便を利用するとよいでしょう。

しかし、郵送の手続きで退職をすると、職場に私物を取りに行く際に非常に気まずい思いをすることが予想されます。

なるべく最終手段として残すことをおすすめします。

退職代行サービスを利用する

退職代行サービスとは、料金を支払って退職にかかわる会社とのやり取りをすべて任せることを指します。

退職代行サービスを利用すれば上司と顔を合わせずにいつでも会社を辞められる安心もあり、現在は多くの方が利用するサービスの一つです。

ただ、退職代行サービスの利用には約2〜3万円の費用が発生します。上司に辞めたいと伝えてからの出勤が気まずかったり、引き継ぎが面倒であったりの理由では、費用をかけてまで退職代行を頼むことをおすすめしません。

反対に、会社にパワハラ・セクハラが横行していたり上司が退職の相談に乗ってくれなかったり、話し合いが困難である職場では退職代行サービスが最大限活かされるでしょう。

転職するならおすすめの転職サイト・エージェント5選

転職先が見つかっていれば辞めたいと言いやすく、職場は引き止めることもできません。

転職先を探すには、まずは利用する転職サイトの公開求人数や転職実績を比較して、自身と相性のよいサービスを見つけましょう。

doda

dodaでは転職サイトと転職エージェントが一体化されており、会員登録をすると転職エージェントへの相談も可能になります。

掲載されいてる求人は幅広く、大企業からベンチャー企業までさまざまな業種が登録されており、幅広い選択肢から探せることがメリットの一つです。

また転職に関する不安や悩みがあれば相談しながら転職先候補を選べるため、サポートを受けながら長く勤められるような相性のよい会社を探したい方に向いています。

  • 公開求人数:約17万件
  • 運営会社:パーソルキャリア株式会社

リクルートエージェント

リクルートエージェントは転職実績や公開求人数がトップクラスの転職サイトであり、企業情報の提供や面接の対策など転職に必要なサポートが充実しています。

リクルートエージェントには特定の業界に詳しい専任のコンサルタントが常駐しており、転職のみではなく転職したあとのキャリアに関して相談できる点がメリットです。

非公開求人数も21万件以上と非常に多く、資格やスキルのある方にはエージェントから直接紹介されることもあります。

海外求人の取り扱いも比較的多いため、新たな生活に挑戦したい方にもおすすめできる転職サービスです。

  • 公開求人数:約32万件
  • 運営会社:株式会社リクルート

リクルートエージェントをチェック

リクナビNEXT

リクナビNEXTでは自身が気になった求人をリストに追加すれば、企業側からお誘いのアプローチがくる制度や、登録して待つのみのオファー機能が備わっています。

公開求人数は比較的少ないものの、高精度のAIが登録者の情報を分析して相性のよい求人を厳選する「レコメンド機能」があります。ほかの転職サイトにはないサポートを受けられることがポイントです。

リクルートエージェントと同じ会社が運営しているため、リクナビNEXTに登録すると同時にリクルートエージェントへの登録もできます。二つのサイトから網羅的に求人を探したい方は同時登録がおすすめです。

また、リクナビNEXTはスマートフォンアプリもあり、忙しくてなかなか転職活動を進められない方でも通勤や休憩中など空いた時間に求人のチェックができます。

  • 公開求人数:約5.3万件
  • 運営会社:株式会社リクルート

リクナビNEXTをチェック

マイナビエージェント

マイナビはアルバイト求人を探せる「マイナビバイト」や新卒用の「マイナビ2023」など、専門ごとにさまざまなサイトを運営しています。

そのなかでも20代や30代など若い方の転職に強いマイナビエージェントでは、比較的第二新卒向けの求人が多く、すべてのサービスで蓄積した利用者のデータを活用しつつサポートを提供します。

履歴書の添削から面接対策まで相談を受け付けており、業界ごとに専任のアドバイザーが常駐しているため、初めての転職や未経験の業種でも安心して任せられることが特徴です。

  • 公開求人数:約4.1万件
  • 運営会社:株式会社マイナビ

マイナビAGENTをチェック

ビズリーチ

スキルや経験を活かせる職場を探している方には、年収アップが期待できるビズリーチがおすすめです。

ビズリーチは即戦力になる人材や管理職など、いわゆる「ハイクラス人材」に特化した転職サイトであり、大手企業から実力に合ったスカウトを受けられることが特徴です。

20代の若手よりも、30代から50代である程度経験を積んでいる方向けの転職サイトといえます。年収1,000万円以上を目指す方にもおすすめです。

  • 公開求人数:約16万件
  • 運営会社:株式会社ビズリーチ

ビズリーチをチェック

まとめ

仕事を辞めたいけれどどうしても上司に言えない方は、まず説明できる理由を作ったり転職先を見つけたり、準備することで気持ちを整理できます。転職先が決まってしまえば辞めたいと伝えるしかありません。

転職先が決まらずどうしても言えない場合は、転職届の送付や退職代行サービスの利用も検討しましょう。

将来の見えない会社に長く居続けると仕事のモチベーションも下がりやすく、キャリアアップやスキルを身に着けることも期待できません。

上司や同僚の反応を気にしすぎないように「会社よりも自身を優先するべき」と強い意志を持って辞めたいと伝えることが大切です。

※本記事の情報は2022年12月時点のものです。
※本記事は公開・修正時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。キャンペーンを含む最新情報は各サービスの公式サイトよりご確認ください。
※本記事で紹介しているサービス・商品に関するお問い合わせは、サービス・商品元に直接お問い合わせください。

<参考>
doda
リクルートエージェント
リクナビNEXT