派遣エンジニアの働き方とは?職種や業務内容とおすすめの人気派遣会社を5つ紹介!

他の派遣業務よりも、高い時給で人気のエンジニア派遣。

自身のスキルを活かして派遣エンジニアとして働きたい方や、未経験でも派遣エンジニアとして働きたいと考えている方の中には、「派遣エンジニアにはどんな働き方があるの?」「おすすめの派遣会社はどこ?」といった疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、派遣エンジニアの働き方や職種だけでなく、おすすめの派遣会社や仕事を見つける際のポイントまで解説するので、これから派遣エンジニアとして働きたいと考えている方は、是非参考にしてください。

派遣エンジニアとはどんな働き方?

これから派遣エンジニアとして働きたいと考えている方は、どのような働き方があるのか気になるのではないでしょうか。主な働き方を3つ解説するので、自身に合う働き方があるか確認してみましょう。

  • 登録制派遣
  • 無期雇用派遣
  • 紹介予定派遣

一つずつ解説します。

登録制派遣

登録制派遣は、事前に派遣会社に登録しておき、派遣先の企業と派遣会社が結んだ派遣契約に定められた雇用契約を結ぶ働き方です。

登録制派遣には、次のような特徴があります。

  • 派遣会社との契約は有期雇用
  • 契約が終了すれば給与の支払いも終了
  • 次に就業する際は再度雇用契約を締結

登録制派遣の場合は、派遣会社との契約が有期雇用なので、契約が終了する日時が決まっています。当然、契約が終了すれば給与の支払いも終了するので、次に働く先を見つけなければなりません。

次に働く先を派遣会社の求人から見つけた場合は、再度雇用契約を結ぶ必要があります。このように、一つの派遣先での就業期間中のみ雇用関係になる働き方が、登録制派遣です。

登録制派遣は、この後に解説する無期雇用派遣と違い、派遣期間があらかじめ決まっているので、自身のライフスタイルに合わせて最適な派遣先を選べるというメリットがあります。

多くの場合で「派遣」という言葉が示す働き方は、登録制派遣のことだと理解しておきましょう。

無期雇用派遣

無期雇用派遣とは、契約期間の終わりを決めずに派遣社員として働く働き方です。

派遣会社から仕事を紹介してもらい、企業に派遣されて働くという点では、先ほど紹介した登録制派遣と同じですが、契約終了する時期を定めずに働くという点で異なります。

他にも、次のような無期雇用派遣と異なる点があります。

  • 派遣先の就業期間が終了した後も派遣会社との雇用契約は継続
  • 待機している期間も給与が発生

登録制派遣は有期雇用なので、派遣先企業での就業期間が終了すると派遣会社との契約も終了しますが、無期雇用派遣は、就業期間が終了しても派遣会社との雇用契約は継続します。

また、登録制派遣との最大の違いは、待機期間も給与が支払われる点です。

派遣として働いていると、次の派遣先企業に移行する際の待機時期が訪れます。就業していない待機期間も給与や休業手当が支払われる点は、登録制派遣との大きな違いです。

登録制派遣のように、就業期間が終了すると同時に給与の支払いも終了するのが不安な方は、無期雇用派遣として働くことをおすすめします。

紹介予定派遣

紹介予定派遣とは、企業に派遣される前や派遣されて就業を開始した後に、派遣先の企業に職業紹介されることを前提に働く派遣を、紹介予定派遣と言います。

派遣先の企業と派遣社員の同意が得られた場合は、派遣先の企業に直接雇用されるので、派遣から正社員や契約社員を目指す方におすすめの働き方です。

派遣期間は、派遣先の企業で働くための試用期間とイメージしてください。

そのため、試用期間である派遣期間に企業から評価されない場合は、直接雇用されない可能性もあります。紹介予約派遣で派遣されたからといって、確実に正社員や契約社員になれるわけではないと理解しておきましょう。

また、登録制派遣などの一般的な派遣と派遣期間が大きく異なります。登録制派遣は最長で3年間派遣として働けますが、紹介予定派遣としては6か月間しか働けません。

さらに、通常の派遣は派遣期間中に直接契約できませんが、紹介予定派遣であれば可能です。

派遣から直接契約で正社員や契約社員になりたい方は、紹介予定派遣を検討してみましょう。

派遣エンジニアの主な職種と業務内容

一口に派遣エンジニアと言っても、かなり多くの職種や業務内容があります。自身のスキルを十分に発揮できる職種があるのか、気になる方も多いのではないでしょうか。

派遣エンジニアの主な職種は次のとおりです。

  • プログラマー
  • システムエンジニア(SE)
  • ネットワークエンジニア
  • サポートエンジニア(ヘルプデスク)
  • フロントエンドエンジニア
  • セールスエンジニア
  • Webエンジニア

一つずつ職種の特徴や業務内容を解説するので、確認してみましょう。

プログラマー

プログラマーは、プログラム言語を駆使してシステムやサービスを開発する職種です。派遣エンジニアとして必要とされる言語は、次のようなものがあります。

  • Java
  • PHP
  • JavaScript
  • Ruby
  • Python
  • Swift
  • Kotlin

上記のようなプログラミング言語は、派遣エンジニアの求人の中でも必要とされることが多い言語なので、使える言語がある方は派遣エンジニアのプログラマーとして働いてみてはいかがでしょうか。

プログラミングと聞くと、何かのサービスに使われているというイメージを持つ方も多いですが、銀行のシステムやテレビ、スマートフォンなどにも使用されています。

システムエンジニア(SE)

システムエンジニアは、名前のとおりシステムの設計や開発などを行うエンジニアです。

一つ前に紹介したプログラマーと職種の違いがわからないという方も多いですが、システムエンジニアは主に開発の工程を担当するエンジニアと認識しておきましょう。

開発の他に、次のような仕事内容を任される可能性も高いです。

  • 予算の決定
  • 人員の確保
  • 進捗状況の管理
  • 分析
  • テスト

開発やテストなどの、いかにもエンジニアらしい仕事だけでなく、予算や人員、進捗状況の管理などのマネジメント業務も任される可能性が高いので、仕事の幅は広いと言えます。

また、完成したプログラム通りにシステムが動作するかのテストなど、責任のある仕事を任されることも多いので、責任感のある仕事をこなして達成感を得たい方などにおすすめできます。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアとは、ネットワークのシステム全般を設計・構築・管理する仕事です。

ネットワークを1から構築して、管理から運用まで全て行うので、高いスキルが必要な職種ではありますが、人によっては大きなやりがいを感じられます。

具体的な仕事内容は次のとおりです。

  • 設計:クライアントからの要求に応えてシステムを設計
  • 構築:スケジュールに合わせて実際にネットワークを設置
  • 運用:ネットワークの設定や構成の変更
  • 管理:故障やトラブルに柔軟に対応

ネットワークエンジニアは、ネットワークシステムを設計・構築したら終わりではありません。最適な設定や構成に変更したり、故障やトラブルが起こったりした際には柔軟に対応する必要があります。

ヒアリング時のコミュニケーション能力から、ネットワークシステムの知識まで、幅広いスキルが必要な職種です。

サポートエンジニア(ヘルプデスク)

サポートエンジニアは、IT関係の問い合わせに対して回答する職種です。社内だけでなく社外からの問い合わせにも対応する必要があります。

サポートエンジニアは、大きく分けて次の4つの種類に分けられると理解しておきましょう。

  • カスタマーサポート:顧客の問い合わせに対応
  • プロダクトサポート:特定製品についての問い合わせに対応
  • テクニカルサポート:自社の製品やサービスに関する問い合わせに対応
  • セールスサポート:営業職に同行し営業活動をサポート

顧客からの問い合わせの対応はもちろん、営業職の商談に同行し、製品のシステムや特徴などを細かく説明することもあります。

システムエンジニアのように自身がシステムの開発に関わることはなく、顧客やユーザーがシステムやサービスを快適に利用できるようにサポートする職種です。

サポートエンジニアと聞くと難しい職種のイメージを持つ方も多いですが、業務内容としてはそこまで高いスキルが求められる職種ではありません。

エンジニア未経験の方でも、就業できる求人はたくさんあります。

フロントエンドエンジニア

フロントエンジニアとは、Webサービスやアプリなどのフロントエンドの設計・構築などを行う職種です。

フロントエンドとは、Webサービスやアプリケーションなどで、利用者の目に入る部分を指します。例えば、スマートフォン向けのアプリケーションであれば、デザインや動作部分などがフロントエンドです。

フロントエンドと逆の場所を指す言葉としてバックエンドがあります。バックエンドは、ユーザーからは見えないデータ処理やデータの保存などを指すので、違いを覚えておきましょう。

フロントエンドエンジニアでは、主に次のような言語を使用します。

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript
  • TypeScript
  • React
  • Vue.js
  • Next.js

上記のような言語を扱うスキルがある方は、フロントエンドエンジニアとして働いてみましょう。

セールスエンジニア

セールスエンジニアとは、製品のシステムに関する説明や、顧客からの質問への回答などを行う職種です。

名前にエンジニアとついているので、設計や開発を行う職種と勘違いする方も多いですが、実際は営業職に近い職種です。

セールスエンジニアが営業するのではなく、営業職の社員とペアを組んで、営業職の社員が営業を行い、セールスエンジニアは顧客に販売する製品の説明や提案などを行うことが多いです。

営業職の社員が製品のシステムなどの深い知識がない場合に、セールスエンジニアが営業をサポートするような職種とイメージしてください。

また、製品やサービスにトラブルなどの不具合が起こった際の対応も行います。そのため、販売する製品やサービスに関して深い知識がないと成立しない職種です。

今まで営業として働いた経験がある方はすぐに活躍できる職種なので、わかりやすく製品を説明したり新しい提案ができたりするような方は、是非セールスエンジニアとして働いてみてください。

Webエンジニア

Webエンジニアは、次のような仕事内容をこなします。

  • アプリケーションの設計や開発
  • ECサイトの設計や開発
  • Webサイトの設計や開発

アプリケーションの開発やWebサイトの開発と聞くと、かなり業務範囲が広いように感じますが、フロントエンドとバックエンドに分けて業務にあたることも多いので安心してください。

Webサービスの開発は、規模が小さく予算も少ないことが多いので、複数のプロジェクトを並行して進めることが多いです。そのため、同時にいくつもの作業をこなせる方におすすめです。

また、Webサイトの設計や開発だけでなく、サイトのデザインやコーディング、SEOなどが業務内容に入る企業もあるので、そのような業務のスキルを持っている方は、Webエンジニアを目指してみましょう。

エンジニアにおすすめの人気派遣会社5選

ここでは、エンジニアに人気の派遣会社の中でも特におすすめの5社を紹介します。
どの会社もこれから派遣エンジニアとして働きたいと思っている方にぴったりの会社なので、エンジニアとしての求人がある派遣会社を探している方は、是非参考にしてみてください。

パーソルテクノロジースタッフ

パーソルテクノロジースタッフは、ITエンジニアジャンルの求人数だけで1,700件以上あるので、自身に最適な求人を見つけられる可能性が高いです。

パーソルテクノロジースタッフの求人を見ると、次のようなさまざまな職種を募集しています。

  • SE
  • プログラマー
  • 開発エンジニア
  • サーバーエンジニア
  • テストエンジニア

上記の職種は一例で、他にも多くの職種の求人があります。

求人の募集エリアは、関東エリア・関西エリア・東海エリアが多いので、この3つのエリア内で働きたいと考えている方は、求人を確認してみてください。

リクルートスタッフィング

リクルートスタッフィングは、北海道から九州まで幅広い地域のITエンジニアを募集しているので、勤務地にこだわりがない方などにおすすめです。

主な募集職種は、次のとおりです。

  • SE
  • プログラマー
  • ネットワークエンジニア
  • ヘルプデスク
  • テクニカルサポート

紹介予定派遣として働ける求人も多くあるため、派遣社員から正社員になりたいと考えている方は、是非確認してみてください。

エンジニアガイド

エンジニアガイドは、ITエンジニアのジャンルの求人だけで約8,670件もあるので、さまざまな求人を比較して検討したい方におすすめの派遣会社です。

求人の募集エリアは、リクルートスタッフィングと同様に、北海道から九州エリアまであります。主に募集している職種は次のとおりです。

  • SE
  • プログラマー
  • ネットワークエンジニア
  • システム運用・保守
  • ITアシスタント

未経験歓迎の求人も多くあるため、未経験からでも派遣エンジニアとして働ける求人を探している方は、是非一度目を通してみてください。

modis

modisは、日本マーケティングリサーチ機構が実施したインターネット調査で、さまざまな部門で1位を獲得した実績のある派遣会社です。

大手優良企業約10,000社との取引実績があるので、福利厚生が整っている大手企業で派遣エンジニアとして働きたい方におすすめです。

主な募集職種は、次のとおりです。

  • SE
  • システムコンサルタント
  • インフラエンジニア
  • ITインストラクター
  • データアナリスト

他の派遣会社よりも完全在宅の求人が多いため、会社に出社することが難しい方や自宅で仕事したい方などは、是非登録してみてください。

パソナテック

パソナテックは、ITエンジニアの派遣に強い派遣会社です。求人数は1,000件ほどで、他社と比較すると少ないのですが、時給3,000円以上の高時給の求人も多くみられます。

主な募集職種は次のとおりです。

  • ストラテジスト
  • アーキテクト
  • デベロッパ
  • セキュリティ
  • コンサルタント

上記のように、システム開発やコンサルティング・プロジェクトマネジメントの求人を中心に取り扱っているので、システム開発などに興味がある方などは登録してみてください。

派遣会社を利用する流れ

ここまでおすすめの派遣会社を紹介しましたが、実際に登録してから就業するまで、どのような流れで進んでいくのか不安な方も多いはずです。

派遣会社を利用する流れとしては、主に次の6ステップが挙げられます。

  1. 派遣会社に登録する
  2. 登録説明会へ参加する
  3. スタッフと面談し求人を紹介してもらう
  4. 希望条件に合った求人に応募する
  5. 派遣先企業の選考を受ける
  6. 就業開始

派遣会社を利用したことがない方や、就業するまでの流れが把握できずに不安に思っている方などは、しっかり確認して不安を解消しておきましょう。

1:派遣会社に登録する

まずは、派遣会社に登録しましょう。

登録の方法は派遣会社によってさまざまですが、基本的にWebか電話から登録します。登録しないと次のステップである派遣登録説明会に進めないので、まず登録を済ませてください。

登録する際は、氏名や生年月日などの基本的な個人情報から、職歴や希望職種、スキルなどを細かく聞かれる場合もあるので、スムーズに登録できるように準備しておきましょう。

2:登録説明会へ参加する

派遣会社に登録したら、次に登録説明会へ参加しましょう。登録説明会に参加することで、登録が完了します。

登録説明会の主な内容は、次のとおりです。

  • 派遣会社の説明
  • 経歴の確認
  • 希望条件の確認
  • スキルチェック

上記のとおり、登録説明会でどのくらいのスキルを持っているのかチェックする派遣会社もあります。特別な準備をする必要はありませんが、スキルチェックがあるかもしれないという心構えは持っておきましょう。

3:スタッフと面談し求人を紹介してもらう

登録説明会で経歴の確認や希望条件を確認したら、そのままスタッフと面談し求人を紹介してもらうことが多いです。

今ある求人の中に希望条件にぴったりな求人がある場合は、その場で紹介してもらえるので、希望条件は正確に伝えるようにしてください。

その時に希望条件に合う求人がない場合は、後日、担当者が求人を見つけ次第紹介してくれます。

4:希望条件に合った求人に応募する

登録説明会の面談時の求人や、後日担当者から送られてきた求人の中に、自身に最適な求人がある場合は、すぐに応募しましょう。

複数の求人が見つかった場合は、一つに絞らずに複数同時に応募して構いません。応募したからといって、求人の仕事に必ずしも就業するわけではないので、安心してください。

1社ずつ応募するのは効率が悪いので、できるだけまとめて応募するようにしましょう。

求人がなかなか見つからない場合は、希望条件を挙げすぎている可能性があります。希望の条件を絞ることで、最適な求人に巡り会えることもあるので、条件を見直してみてください。

5:派遣先企業の選考を受ける

求人に応募したら、派遣先企業の選考を受ける必要があります。

求人に応募したらすぐに就業できるわけではありません。企業とのミスマッチを防ぐため・求人の仕事内容がこなせるか確認するために、派遣先の企業の選考を受ける必要があります。

自身のスキルよりも高いスキルが求められる仕事に就いてしまうと、企業は成果が得られませんし、自身も思ったように仕事ができないので、どちらにとってもメリットがありません。

6:就業開始

派遣先企業の選考に通れば、就業開始です。

初日の仕事内容や就業時間などは、事前に派遣担当者に確認し、間違えないようにしましょう。

派遣会社で仕事を見つける時の注意点とポイント

派遣エンジニアとして働く際は、いくつかの注意点やポイントがあります。

注意点やポイントを理解していると、仕事が見つけやすかったり派遣先へスムーズに進めたりするので、これから派遣エンジニアとして働くつもりの方は、確認しておきましょう。

  • 雇用期間が確定
  • 複数の派遣会社に登録した方が効率的
  • 派遣会社の福利厚生や研修制度を確認

一つずつ解説します。

雇用期間が定められている

最初に派遣の働き方の部分でお伝えしたとおり、派遣会社の求人は雇用期間が定められています。

雇用期間の長さは、登録制派遣か紹介予定派遣のどちらで働くかによって異なるため、注意してください。

  • 登録制派遣:最長3年
  • 紹介予定派遣:最長6か月

上記のとおり、最長でも3年しか派遣として働けません。例えば、登録制派遣として働き、派遣先との契約期間が終了したら、また新しい派遣先の企業を見つける必要があります。

また、最長で3年なので、3年以内に契約を終了させられる可能性も十分あると認識しておきましょう。

登録制派遣として働く方は、次の派遣先企業を見つける必要がありますが、紹介予定派遣であれば、直接契約して正社員や契約社員として働ける可能性があります。

派遣にこだわりがない方は、一度働き方を見直して、登録制派遣以外の働き方も検討してみましょう。

複数の派遣会社に登録した方が効率が良い

派遣エンジニアとして働きたい方は、複数の派遣会社に登録することをおすすめします。

1社の派遣会社にしか登録していないと、その派遣会社の求人内容や求人数しか把握できません。しかし、複数の派遣会社に登録すると、求人内容や求人数などを比較できるので、自身に最適な仕事を選べる可能性が高いです。

例えば、プログラマーの求人が多い派遣会社があったり、Webエンジニアの求人が多い派遣会社があったりと、会社によって大きく異なることもあります。

また、求人内容や求人数だけでなく、サポート体制なども派遣会社によってバラバラです。こちらの相談に親身になってアドバイスをくれる派遣会社もあれば、適当に受け流す派遣会社もあります。

ストレスなく働ける環境が整っている方が、確実に仕事に集中できるので、複数の派遣会社に登録して求人内容やサポート内容などを比較し、自身に最適な派遣会社を見つけましょう。

派遣会社の福利厚生や研修制度を確認しておく

派遣会社に登録して働く際は、福利厚生や研修制度を確認しておきましょう。

派遣会社によって、福利厚生や研修制度に差があったりするので、登録する前に確認することが大切です。

福利厚生と一言で言っても、次のようなものがあります。

  • 社会保険
  • 有給休暇
  • 健康診断
  • 産休や育休
  • 交通費支給
  • 資格取得支援
  • レジャー施設の割引

上記以外にも、派遣会社が独自に提供している福利厚生もあるので、登録する派遣会社に福利厚生の充実度を求める方は、注意しましょう。

また、エンジニアとしてのスキルが未熟だと感じている方や、仕事について行けるか不安に感じている方は、研修制度をしっかり確認するべきです。

研修があって当たり前と考えるのは危険で、スキルがあることを前提に仕事を依頼する派遣会社や求人も多くあります。

福利厚生や研修制度は、派遣会社のホームページで確認できるので、調べておきましょう。ホームページに詳しく記載されていない場合は、登録説明会で質問するなどして確認してみてください。

派遣エンジニアに関するよくある質問

ここでは、派遣エンジニアに関するよくある質問とその回答をお伝えします。

給与や正社員への昇格などについての疑問に回答しているので、気になる方は是非参考にしてください。

派遣エンジニアは正社員よりも給与が低いですか?

基本的には、正社員の方が給与は高いと言えます。正社員は、毎月一定以上の固定給をもらえますし、賞与もあるためです。

ただ、働き方によっては、正社員よりも派遣エンジニアの方が稼げることもあります。派遣エンジニアは、ほとんどの場合時給で働くことになるため、長時間働けば働くほど収入が増えるためです。

派遣エンジニアとして年収1,000万円以上稼いでいる方もいます。

派遣エンジニアから正社員になれますか?

可能性はあります。

紹介予定派遣として働くことが方法の一つです。紹介予定派遣とは、派遣先の企業に紹介されることを前提に派遣として働く働き方なので、両者の合意があれば派遣期間終了後に直接契約できます。

正社員としてだけでなく契約社員として働く場合もありますが、派遣エンジニアから正社員として働ける可能性のある働き方です。

紹介予定派遣として働くだけでなく、派遣として派遣先企業で働きながら正社員登用を狙う手もあります。

派遣社員を正社員登用する仕組みが整っている派遣先であれば、派遣から正社員になれる可能性はゼロではありません。派遣先の企業で派遣から正社員になった実績があるか確認してみましょう。

他の業界に勤務していました。未経験でも応募できる求人はありますか?

あります。

派遣エンジニアの求人の中には、そこまで高いスキルが求められていない、未経験でも応募できる求人がたくさんあるので、求人内容を参考にしてみてください。

ただ、未経験で応募できる求人の多くは、派遣エンジニアの中でも時給が低いので、稼ぎにくいと言えます。エンジニアの経験が求められる派遣エンジニアの平均時給は2,000円ほどですが、未経験の求人の場合は1,000〜1,500円ほどと言われています。

時給も求人によってさまざまなので、未経験でも派遣エンジニアで稼ぎたい方は、求人内容を比較し、できるだけ時給が高い求人に応募してみてください。

派遣社員でも給料(時給)が上がることはありますか?

正社員であれば一年に一度昇給しますが、派遣社員は年次の昇給がありません。

しかし、登録している派遣会社の担当者が派遣先の企業と交渉することで、自身の時給が昇給することはあります。

登録している派遣のサポートが充実している場合は、担当者に相談するとすぐに動いてくれることもありますが、派遣会社によっては動いてくれないことも多いです。

ただ、昇給は派遣の契約更新時に行われることが多いので、動いてくれていないように見えて更新時に交渉してくれていることもあるので、確認してみてください。

まとめ

今回は、派遣エンジニアの働き方や職種、業務内容などについて解説してきました。改めて派遣エンジニアの主な職種をお伝えすると、次のとおりです。

  • プログラマー
  • システムエンジニア(SE)
  • ネットワークエンジニア
  • サポートエンジニア(ヘルプデスク)
  • フロントエンドエンジニア
  • セールスエンジニア
  • Webエンジニア

上記のように、派遣エンジニアと一口に言ってもさまざまな職種があるので、自身のスキルを生かせる職種で働く必要があります。

派遣会社によっては、求人内容が偏っていることもあるので、まずは働きたい職種を決めるのがおすすめです。

登録する派遣会社に迷ったら、本記事で紹介しているおすすめの派遣会社に登録してみてください。派遣エンジニアに人気の派遣会社ばかりなので、登録して損することはありません。

どのような求人が掲載されているのかだけでも、まずは確認してみましょう。

※本記事の情報は2022年6月時点のものです。
※本記事は公開・修正時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。キャンペーンを含む最新情報は各サービスの公式サイトよりご確認ください。
※本記事で紹介しているサービス・商品に関するお問い合わせは、サービス・商品元に直接お問い合わせください。

<参考>
パーソルテクノロジースタッフ
リクルートスタッフィング
エンジニアガイド