50代での転職は厳しい?転職成功のためのテクニックを紹介

年齢がネックとなり、50代での転職は厳しいのではないかと悩んでいませんか?20代や30代の頃と比較して募集も減り、転職できるのか不安な方も多いでしょう。

近年50代の転職者数は増加傾向にあります。現状を知り、要点を押さえれば50代での転職は不可能ではありません

本記事では、50代の転職状況をはじめ、転職しやすい業種・職種などを詳しく解説します。あわせて、おすすめの転職サイトや選ぶ際のポイントを紹介します。

50代で転職を検討している方は、本記事にある転職成功のためのテクニックをぜひ参考にしてください。

最近の50代の転職状況

最近の50代の転職状況を厚生労働省のデータも用いながら紹介します。50代での転職は厳しいのか、50代で転職する方の割合など、まずは現状を把握しましょう。

50代での転職は厳しいのか

50代での転職は容易であるとはいえません。50代での転職成功が困難である原因は、企業側の視点から考えるとわかります。

まず、50代はキャリアが長いため前職で高額な給与をもらっている場合が多く、30代までの若手を雇用するよりも高額の人件費がかかります。

企業側は高額の人件費を費やしてまで雇うメリットがあるのか見極めるため、どうしても50代の転職者を精査する目が厳しくなります

また、50代で実績を積んできた方は過去の経験から自己流の仕事の進め方など、こだわりを持ち、会社や上司からの指示に従わないのではないかなどの懸念が生じるでしょう。

企業側は、上司が年下である可能性も考え、現場で扱いにくい50代のベテランの採用を控える傾向があります。

50代で転職する方の割合

実際に50代で転職する方の割合を見ていきましょう。

【引用元:令和元年雇用動向調査結果の概況|厚生労働省

厚生労働省の令和元年雇用動向調査によれば、50代の転職入職率の割合はほかの年代と比較して低い傾向にあります。

50歳から54歳の男性は6.3%、女性は6.9%、55歳から59歳の男性は5.3%、女性は6.4%です。厚生労働省のデータからみても、50代での転職は若年層よりもハードルが高いといえます。

50代で転職する理由

【引用元:令和元年雇用動向調査結果の概況|厚生労働省

令和元年雇用動向調査によると、定年や会社都合を除き50代で転職する理由で大きな割合を占めているのは、50歳から54歳では「給料等収入が少なかった」です。対して55歳から59歳では、「職場の人間関係が好ましくなかった」が大きな割合を占めています。

50代で転職を検討する方は、職場での人間関係や収入に不満を抱いていることがわかります。

50代で転職しやすい業種・職種

50代でも転職しやすい業種は、次のとおりです。

  • メーカー
  • 介護業界
  • 清掃業界 など

50代でも転職しやすい職種は、次のとおりです。

  • 接客業
  • 警備関係
  • 営業職 など

若年層が避ける業界や、経験を積んだ50代だからこそ活躍できる場もあります。業種や職種が定まらず悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

50代で転職しやすい業種

50代で転職しやすい業種には、「メーカー」、「介護業界」、「清掃業界」などがあります。

メーカーは、キツイ、汚い、危険のイメージがつきまとっており、とくに若年層からは敬遠される傾向にあります。若年層が避けている業界はライバルが減るため、50代の転職は比較的有利です。

介護業界は、人材不足に悩まされており、とくに50代の女性ならではの柔らかく丁寧な対応が求められることが多いため、50代でも十分活躍できる場です。働きながら資格が取れる職場もあるため、すぐに働き出すこともできます

清掃業界は高齢の方が多く、特殊な技術が必要のないことが多いため転職しやすいです。なかでも、需要が高いビルメンテナンスは狙い目で、経験や知識があれば定年以降に自営業をおこなうこともできます

50代で転職しやすい職種

50代で転職しやすい職種には、「接客業」、「警備関係」、「営業職」などがあります。

接客業は、人材不足に悩まされており、比較的転職しやすい職種です。子育てが落ち着いてから再度働きはじめる女性などが活躍しており、職種柄、柔らかい対応ができる人材が求められています。

警備関係の仕事は、50代以上の方が多く活躍しており、転職しやすい仕事です。60代の方も働いている職場であるため、50代なら若手側と歓迎されることもあります。同年代が多く、馴染みやすい点が魅力です。

営業職はどの世代にも人気ではありますが、人材が不足しており、通年で募集されていることが多く転職しやすいです。スキルに加えて、相手の気持ちを汲み取る、敬意を払っていることが重要視されるため、経験を積んだ50代の方も活躍できます。

50代におすすめの転職サイト

50代におすすめの転職サイトは、次のとおりです。

  • リクルートエージェント
  • ビズリーチ
  • doda
  • リクルートダイレクトスカウト
  • JACリクルートメント
  • ミドルの転職

それぞれの特徴を紹介します。

リクルートエージェント

株式会社リクルートが運営する転職エージェントであるリクルートエージェントは、圧倒的な規模を誇っていることが特徴です。エージェントならではの非公開求人数が約20万件とトップクラスで、ほかの大手転職エージェントと比較しても豊富です。

求人数のみならず求人の質も優れており、東証一部上場企業や外資系企業など、求人サイトでは見つけにくい求人も多くあります。

また、職務経歴書の添削やエージェントレポートの配布、面接力向上セミナーの開講など転職者サポートも充実しています

加えて、転職成功者の多くが収入アップを実現していることも魅力です。

参照元:リクルートエージェント公式サイト

リクルートエージェントをチェック

ビズリーチ

ビズリーチは、ハイクラス向けのスカウト制転職サイトです。

登録情報を見た企業やヘッドハンターからのスカウトが届くため、条件交渉がしやすく好条件で転職できることが特徴です。また、現在の自身の市場価値がわかるため、年収アップやキャリアアップが無理のない範囲で実現できます。

また、ビズリーチには有料会員の制度があり、無料会員とは起こせるアクションが異なることも特徴のひとつです。

有料会員には、「タレント会員」と「ハイクラス会員」があり、利用権限や案件数が多く、無料会員よりは有利に転職を進められます

登録後に有料プランが無料で利用できるプレミアムチケットが与えられるため、実際に利用してから有料会員に切り替えるかどうか検討できます。

ビズリーチをチェック

doda

dodaは、株式会社パーソナルキャリアが運営する転職サービスです。

利用者の満足度が高いことが特徴で、電通バズリサーチ調べでは転職者満足度No.1を獲得しています。求人数が多いことや、キャリアアドバイザーの当たり外れが少ないことが満足度の高さに繋がっています。

また、求人を探せる「転職サイト」、サポートのある「転職エージェント」、求人の紹介がある「スカウト」の3つのサービスが利用できることも特徴のひとつです。

仕事を探す場合は転職サイトを利用する、プロに協力をあおぐ場合は転職エージェントを利用するなど、ニーズにあわせて利用できます。

そのほか、転職のイベントが多いことも特徴で、東京では毎週末にさまざまなイベントを実施しています。全国的な転職フェアも定期的に開催しているため、地方の方でも利用可能です。

参照元:duda公式サイト

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトは、ハイキャリア層に好評な転職サービスで、登録されている約2,500名のコンサルタントのデータベースから担当者を指名できます。担当がついたが話が通じない、性格が合わないなどのトラブルを避けられるでしょう。

また、すぐに転職する気はない方でも、登録の際に希望する業界や条件を記載しておくとマッチする案件を各コンサルタントから紹介してもらえます。仮にハードルが高い条件を提示しても、希望する案件のメッセージが届く可能性があります。

そのほか、同じようなサービス形態をとっているビズリーチとは異なり、完全無料で利用できる点も魅力です。

リクルートダイレクトスカウトをチェック

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、担当コンサルタントの対応が丁寧で求人情報の質が高いハイクラス・ミドルクラス向けの転職エージェントです。

イギリスで創業された日系人材紹介サービスであり、ほかの転職エージェントと比べて国内大手企業のみならず、外資系企業やグローバル企業の海外勤務、現地採用案件に強みがあります。

また、ほかの転職エージェントよりも30代から50代向けの求人情報が多く、なかでも管理職や技術職の求人に強いとの評価を得ています。年収600万円以上のハイクラス転職を希望する方におすすめです。

JACリクルートメントをチェック

ミドルの転職

ミドルの転職は、ミドル層のハイクラス向けの求人に特化しています。

たとえば、経営幹部や管理部長、営業部長など、キャリアを積んできた方向けの求人が豊富です。また、約400社の転職エージェントが登録しているため、各エージェントを比べながら選べるほか、担当コンサルタントをプロフィールを見て選べます。

スカウト機能を利用できる点も魅力です。スカウト機能は企業からスカウトメールが届くことに加え、人材紹介会社からのメールも届きます。

なかでも人材紹介会社からのスカウトメールは、未掲載の非公開求人を紹介してもらえる場合が多く、通常見つけることができない求人に出会える可能性もあります。

【女性向け】50代におすすめの転職サイト

50代の女性におすすめの転職サイトは、次のとおりです。

  • マイナビエージェント
  • パソナキャリア
  • type女性の転職Agent

詳しく解説します。

マイナビエージェント

株式会社マイナビが運営するマイナビエージェントは、契約社員や経験年数の少ない女性転職者でも積極的に推薦してくれる転職エージェントです。

女性の転職成功例が多く、同業種・異業種にかかわらず転職を成功させています。女性に特化したチームを編成しているため、ライフスタイルの変化にあわせた転職や未経験での転職など、さまざまな選択肢を提案してもらえるでしょう。

また、定期的に全国各地で転職相談会をおこなっており、転職活動をするうえでの悩みや疑問をキャリアアドバイザーに直接相談ができます。関西から東京への転職など、転職方法や目的別に無料で開催されています。

マイナビAGENTをチェック

パソナキャリア

パソナキャリアは、女性向けの転職支援サイト「ウーマンキャリア」を運営しており、女性の転職支援に力を入れています。

また、転職エージェントのなかでもキャリアアドバイザーの対応が丁寧かつ親身であると好評で、面接対策から入社後のアフターフォローまで充実していることも特徴のひとつです。

希望すれば女性のキャリアアドバイザーに担当してもらえ、女性が安心して転職活動に臨める環境が整っています

人材企業の中でも珍しく女性社員の比率が多く、管理職も半数が女性であり、社内外問わず女性の活躍に真剣に取り組んでいます。

type女性の転職Agent

type女性の転職Agentは、年間5,000名以上の女性転職希望者へのキャリアカウンセリングをおこなうなど、女性の転職に関するノウハウが豊富な転職エージェントです。

非公開求人を扱っていることに加え、エージェントの中では珍しく面接対策のなかでメイクアップサービスを提供しています。転職活動において悩みやすいメイクやスーツなど身だしなみがわかるほか、転職活動後も活かせるビジネスメイクを学べます。

そのほか、多種多様な相談会やセミナーを実施しているのも特徴のひとつです。公式サイトにはどのような方におすすめの相談会なのかが明記されており、相談会の内容や開催日時を簡単にチェックできます。

50代が転職サイトを選ぶ際のポイント

50代が転職サイトを選ぶ際のポイントは、次のとおりです。

  • 50代向けの求人数が多いものを選ぶ
  • 転職サポートがしっかりしているものを選ぶ
  • 口コミ・評判で選ぶ

転職サイトの選び方はとても重要で、どのサービスを選んでもよいわけではありません。転職に失敗しないために、選ぶ際のポイントを把握しましょう。

50代向けの求人数が多いものを選ぶ

転職サイトによっては求人数に20倍以上の差がある場合もあり、選択肢を広げるためになるべく50代向けの求人数が多い転職サイトを選びます。

求人数が多ければ自身にあう求人が多いとは限りませんが、自身にあう求人が見つかる確率が高まるため、求人数の多い転職サイトを選ぶようにしましょう

とはいえ、必ずしも「求人数が多いサイト=よい転職サイト」ではないことも頭の片隅に入れておきましょう。

転職サポートがしっかりしているものを選び

自力でスムーズに転職するのは、容易ではありません。たとえば、面接は時代にあわせて変化しており、個人で調査して対策するのは限界があります。

そのような場合、転職サポートがしっかりしている転職サイトを選べば、現在の状況にあわせた面接対策をしてもらえます。

面接対策以外のサポートの有無も重要です。

  • 履歴書や職務経歴書の添削
  • 年俸交渉
  • 入社調整

これらのサポートが充実している転職サイトを利用する方が転職の成功確率は上がるでしょう。

口コミ・評判で選ぶ

Googleの口コミやSNSに加え、ランキングサイトなどを参考に、口コミや評判のよい転職サイトを選びましょう。

口コミや評判は、実際に転職サイトを利用した第三者発信のため率直な意見が多く、よい情報も悪い情報も把握できます。また、サイトの使い方や便利な機能をレビューしていることもあります。

実際に自身と同じ転職者の立場である方の口コミや評判は参考になるため、自身の環境にあわせて利用できる転職サイトかどうか判断するのに最適です

50代が転職サイトを利用するメリット

50代が転職サイトを利用するメリットは、次のとおりです。

  • 企業にアピールできる「スキル」を把握できる
  • 非公開求人を紹介してもらえる
  • 50代に最適なキャリアを提案してくれる

それぞれ詳しく解説します。

企業にアピールできる「スキル」を把握できる

転職活動の際にネックになるのは、自身にどの程度のスキルがあり、市場価値がどの程度なのかの判断です。

自身の持つスキルを把握しておらず、市場価値を誤って認識している方は難易度の高い求人にばかり応募して選考をなかなか通過できない、また反対に低い給与の求人に応募するなどのことが起きます。

転職サイトを利用すれば、自身のスキルや市場価値を確認できる診断が豊富に用意されているため、自身が企業にアピールできるスキルを把握できます。

転職をスムーズに進めたい場合、自身のスキルの把握は必須であるため転職サイトを利用して適切に把握しましょう。

非公開求人を紹介してもらえる

転職サイトは、サイトごとに非公開求人を扱っています。そのため、転職サイトに登録していなければ出回ることのない求人情報を知ることができる可能性があります。

非公開求人には、大手有名企業の求人情報や幹部クラスの求人情報なども含まれている点が魅力です

また、非公開求人はポジションや求める経験、能力が公開求人よりも明確で即戦力となる人材を求めることが多い傾向にあります。そのため、実績や経歴のある50代の方には向いているでしょう。

50代に最適なキャリアを提案してくれる

50代に最適なキャリアを提案してくれることも転職サイトを利用するメリットのひとつです。

転職サイトには優秀なキャリアアドバイザーがいるところもあり、ライフプランやキャリアビジョンを丁寧にヒアリングしたうえで最適な求人を厳選し提案してもらえます。

非公開求人が見られない、自身の市場価値がわからないなど、自力で最適な転職先を見つけることは難しいです。そのため、最適なキャリアを見つけ、キャリアアップに繋げるために転職サイトを利用するのは効果的です。

50代の転職成功率を上げるポイント

若年層と比較すると転職が困難である50代ですが、転職成功率を上げるポイントがあります。

  • 転職の軸を明確にする
  • 企業が求めるスキルを理解する
  • 年下にも馴染める「柔軟性」をアピールする
  • 資格があれば転職は有利になる
  • 転職サイトを複数併用する

何も対策しないまま転職に臨んでは痛い目をみてしまいます。それぞれ詳しくみていきましょう。

転職の軸を明確にする

転職の軸とは次の仕事や転職先を選ぶ際に重視する条件のことで、転職の軸を明確にすれば転職の成功率は上がります。

たとえば、次のような仕事の軸が挙げられます。

  • 職種
  • 業種
  • 年収
  • 賞与
  • 勤務地
  • 通勤手段 など

転職活動の面接では、これまでの会社と比較して応募先の会社のどのような部分に惹かれて入社を希望しているのか説明を求められます。

そのため、仕事選びや会社選びで何を重視するかなどの転職の軸を明確にしておきましょう

企業が求めるスキルを理解する

転職の成功率を上げるためには、企業が50代に求めるスキルを理解する必要があります。

たとえば、経験値、高い専門性、高いモラル、強い責任感などを求められることがあり、若年層と比較して体力面で劣る50代は、企業が求めるスキルを的確に理解しアピールしなければいけません。

また、自身が発揮したいスキルと企業が求めるスキルは一致しないこともあるため注意が必要です。

年下にも馴染める「柔軟性」をアピールする

転職すると、年下が上司になることがあります。そのため、企業は50代の転職希望者のプライドの高さを懸念していることがあり、年下にも馴染める柔軟性をアピールするのは効果的です。

具体的には、前職において年下の上司と円滑なコミュニケーションを取っていたことがわかる例をあげると、企業側にも柔軟性や謙虚さが伝わります

また、転職活動時は今までのキャリアや年齢に関係なく新人のような気持ちで働く意思があることを伝えられるとよいでしょう。

資格があれば転職は有利になる

50代になってから新しく勉強するのは容易ではないですが、資格があれば転職は有利になります

たとえば、日商簿記検定2級以上や登録販売者、MOS(マイクロオフィススペシャリスト)、第二種運転免許などです。

ほかにも転職に役立つ資格はありますが、自身の得意不得意、今後の需要も考慮して勉強して資格を取得しましょう。

また、転職時のみではなく、資格は年収をアップさせることや定年後にも役立ちます。

転職サイトを複数併用する

転職サイトを複数併用すると、多くの求人情報が見られるため、転職の成功率を上げることに繋がります。

複数の転職サイトを利用する場合は、まずは2、3社に登録し、最終的には1、2社に絞るとよいでしょう

数が多ければ求人情報に触れる機会が増えるため一見よさそうに見えますが、登録の手間がかかることや連絡を確認する時間も増えるため、登録のしすぎには要注意です。

複数の担当者への返信や面談の日程調整に多くの時間を費やすのは、本来なら転職の準備にかけられていた時間を削ることになります。

50代での転職に関してよくある質問

50代での転職に関してよくある質問は、次のとおりです。

  • 50代での転職は厳しい?
  • 50代の転職に失敗しやすい方の特徴は?
  • 転職サイトと転職エージェントの違いは?

それぞれ回答します。

50代での転職は厳しい?

50代での転職は厳しいです。厚生労働省の令和元年雇用動向調査でも、50代の転職入職率の割合はほかの年代と比較して低い傾向にあります。

企業側が高額の人件費を費やしてまで雇うメリットがあるのか見極めるため、どうしても50代の転職者を精査する目が厳しくなります。また、年下が上司になることもあるため現場で扱いにくい50代のベテランの採用を控えることがあります。

50代の転職に失敗しやすい方の特徴は?

50代の転職に失敗しやすい方の特徴は、「自身の市場価値を把握できていない」、「こだわりが強い」の2つです

自身の考えている市場価値と実際の市場価値にギャップがある場合、転職活動が思うように進まなくなります。ヘッドハンティング型の転職サイトに登録したり、転職エージェントに相談したり、自身の市場価値を正確に把握しましょう。

また、自身の仕事や経歴に強いこだわりを持っている方は転職に失敗する傾向にあります。たとえば、前より小さな会社で働くのは嫌、年齢相応のポジションは当たり前などの考え方では転職活動はうまくいきません。

自身の思い込みや過去の実績、経歴にとらわれすぎず、採用されることを第一に考えることも重要です。

転職サイトと転職エージェントの違いは?

転職サイトと転職エージェントは、サポートしてくれる仲介者がいるかどうかの点で異なります

転職サイトは掲載されている求人案件をみて企業へ応募できるサービスで、転職エージェントは求職者と採用する企業の間に仲介者がいるサービスです。

転職サイトは、転職エージェントと比較して求人数も多く手軽に利用できますが、選考対策などは自身でおこなわなければなりません。対して転職エージェントは、アドバイザーが過去の実績などをもとに求人案件の提案や選考のサポートをおこないます。

一人で転職活動をおこなえる方は転職サイト、アドバイスをもらいながら転職活動をしたい方は転職エージェントを利用しましょう。

まとめ

50代での転職について詳しく解説しました。50代の転職は厳しいですが、転職を諦める必要はありません。

50代での転職を成功させたい方は、転職サイトを活用しましょう。本記事でおすすめしている転職サイトを参考に、自身にあうサイトを選んでみてください。

また、資格の取得も転職を有利に進められる可能性が高まります。50代からの勉強は容易ではないですが、資格取得も視野に入れておくと選択肢が広がります。

転職の成功率を上げるポイントや50代でも転職しやすい業種や職種が存在します。
しっかりと把握して、転職活動に活かしてください。

※本記事の情報は2022年11月時点のものです。
※本記事は公開・修正時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。キャンペーンを含む最新情報は各サービスの公式サイトより確認ください。
※本記事で紹介しているサービス・商品に関するお問い合わせは、サービス・商品元に直接お問い合わせください。

<参考>
リクルートエージェント
ビズリーチ
doda